天体写真

2018年9月 2日 (日)

2か月ぶりの更新!?

もう9月となり、2か月ぶりの更新です。
この7月、8月は何度か遠征に行くものの、本当にすっきりと晴れた日は
なかったような気がします。
本当に一瞬の晴れ間?を狙って、遠くまで遠征をしてました。
ブログを更新する暇はあったはずですが・・ついつい疎遠に。。
2か月ぶりということもあり、ご報告もかねて
4月、5月に撮影した対象で、星ナビ、天文ガイドに掲載していただいたものが
いくつかあったので紹介します。

まずはGWの大台ケ原にて・・・


【さそり座~へびつかい座】


Sco_to_oph_2


大きな画像はこちら

夜明け前に上ってくるさそり座をSigma85mmで2フレームモザイクしました。
以前は4コマモザイクをしてファイルが重すぎて動きませんでした(笑)
へびつかい座の大きな淡い散光星雲であるSh2-27は、これまでも何度か85mmでトライしましたが、さすが大台ケ原の空だけあってしっかり写ってくれました。

こちらは天文ガイド8月号に掲載いただきました。

---
Title:zeta OPH to SCO
Optics:Sigma 85mm Art(F=2.2)
Camera:Nikon D810A
Exposure:ISO2500 150sec x25(North) 150sec x 26(South)
Mount:Vixen SXD2
Date:2018/4/20@Ohdaigahara

続いて、BabyQでも同時にさそりの頭を狙ってました。



【IC4592 vs IC4604】

Ic4592_vs_ic4604_b

大きな画像はこちら

これも南北のモザイクです。
赤い星雲が多いこの領域で、青く輝いているのがこのIC4592 と IC4604です。
青い馬 対 青い炎でしょうか。。

この領域を328mmで写すとなると85mmとは違ってかなりの枚数が必要に
なりますね。 実は別の日にこの領域の東側(アンタレス付近)も南北で撮影しましたが、
全体で6枚または9枚モザイクをとりたくて・・
今年の夏は間に合わなかったので、まさにまた来年という感じですね。

こちらは天文ガイド8月号に掲載いただきました。

--

Optics:Takahashi FSQ-85ED x QE0.73(f=328mm/F=3.8)
Camera:Canon6D HKIR
Exposure: ISO3200  180sec x 27 (north) 180sec x 29(South)
Mount:Vixen AXJ
Guide:Borg71FL /Watec910H /Advanced Unit
Date:2018/4/20@Ohdaigahara
最後は長焦点での作品。
月夜のナローと、晴れた日のデジカメを組み合わせた作品です。
自宅や近郊の光害地、そしてわれらが神野山で撮影した、ある意味奇跡の作品です。


【M27 AOO デジカメ】

M27_rgb_aoo

おおきな画像はこちら

何とかガイドも安定?してきたので、GSOの1600mm鏡筒でいろんな対象を狙いたくなります。
ナローバンドは暗いので、F8のままだとちょっと写るのに時間がかかりすぎます。
QHY9なので、0.67倍のReducerを使って撮影することにしました。

M27だともっと時間をかけて、周りにある領域をじっくり狙うべきなのでしょうが・・
それなりの空で、それなりの時間でもデジカメでは写らない領域までとらえることが
できました。

こちらは星ナビ9月号に掲載していただきました。

---
Title:M27
Optics:GSO8RC x 2inch flatner (f=1600mm/F=8)
Camera:Canon6D SEO-SP4
AutoGuide:mini Borg 50,QHY 5ii-L ,PHD2
Mount:Vixen AXJ
Process:DSS 2xdrizzle
Exposure:ISO3200 240sec x 19
Date:2018/5/12 @Kohnoyama

Optics:GSO8RC x CCD67 Reducer (f=100mm/F=8)
Camera:QHY9
AutoGuide:mini Borg 50,QHY 5ii-L ,PHD2
Mount:Vixen AXJ
Exposure:Ha 420sec x16     O3 420sec x 32
Date:2018/5/24 他
ということで、2か月ぶりのご報告でした。
次はもう少し早く更新します。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

CANP 18 に参加

遂に! 2か月更新ができていない、休眠Blogとなってしまいました。。。
最近はSNSとかでの情報共有が多くて・・・。
Blogは皆様の投稿を拝見することはあるのですが、自分のBlogの更新が後回しになっております。

春の銀河を通り越して、すでに梅雨空のなか、晴れを待ち望む&7月末の火星大接近に備えてる皆様も多いと思います。

さてそんな中、6/30-7/1に西播磨天文台で開催された、2018年 CANPに参加してきました。

CANPとは、CCD Astronomy Networkの略で、詳細はこちらにありますが、端的にいうと? 天体写真の世界でご活躍の方々が、集まり、情報共有をする会合?です。
2年ぶりに参加をしたのですが、今回は実行委員長で、私の先生であるTさんから発表をするようにお話がありました。
2年前にならで開催されたときは、アマチュア天文写真ではとても著名な方々やAstroArtsさん、天文ハウスTOMITAさんが講演され、必死にメモをとっていた記憶があります。
参加される方々も、凄い方ばかりで・・そんな場での発表というのはかなりハードルが高いです。(汗)
Tさんは、「今回のテーマは基本に返るです。」とおっしゃった言葉を信じ?開き直って発表をしてきました。
テーマは長年?取り組んできた、長焦点・銀河の撮影に関することです。


素晴らしい銀河の写真を撮るための基本として、

①条件の良い空(暗い・透明度がよい・風が弱い)
②調整ができている望遠鏡とカメラ(周辺の星像・補正レンズ・光軸調整)
③安定したガイド(→これまでのガイドシステムの変遷)
④Dark Flatなど基本の処理
⑤DSO向けの画像処理(→DSSをつかってみた)


の5つがありますが、その中から、③と⑤についてお話をしました。


Blg_2

こんな感じの資料を使って説明をしました。
プレゼンテーションで使った資料はこちらです。「CANP18.pdf」をダウンロード
説明がないのでちょっとわかりにくいかもしれませんが、ご興味のある方はご覧ください。

さて、日本全国豪雨でとても心配な状況が続きますが、、
来週あたりには梅雨明けしそうなので、また撮影に行きたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月28日 (水)

Autumn-Winter constellation with Sigma85mm /D810A

気づけばもう3月ですね(汗)

今回の秋から冬にかけてのシーズンでは、Sigma 85mm ArtとNikonのD810Aを組み合わせて星座の周りにある星雲や分子雲を撮りたいというテーマがありました。

少しアップロードが遅くなりましたが、いくつか撮影した作品をアップしておきます。
結構いろんなパターンをとることができました。ただどれも露光をじっくりかけることができておりません。Sigmaを持ち出した日は何日かありましたが、すっきりと晴れた日はなかったです。
いずれも元ファイルは10MBくらいのものですので圧縮しております。それぞれの大きなjpegはflickrにあげました。


【カシオペア付近】

Cassiopeia_s


大きな画像はこちら →

この領域は天の川やたくさんのHαを含む散光星雲が点在しています。
そして右上にはhxが見えていますね。
中焦点でモザイクをする強者もいらっしゃるようですが、そんな
パワーも晴れ間もないので、85mmで狙いました。
この時は月没後まだ暗くならない空であっという間に曇られたのですが
1時間ほどでそれなりに写りました。かなりシャープな星像です。

--
Title:Cassiopeia widefield
Optics:Sigma 85mm Art(F=3.2)
Camera:Nikon D810A
Exposure:ISO2500 75sec x35
Mount:Vixen SXD2
Date:2017/10 @Imajo


【オリオン座付近】

Orion_s

大きい画像はこちら → 

ここはまさに本命中の本命!
これをとるためにこのレンズを買ったといっても過言ではないくらいに
ぴったりと大好きな領域がカバーされます。

オリオン星雲の周りを取り囲む赤茶の分子雲
馬頭星雲と燃える木星雲、そしてバーナードループと赤色のウニウニが広がります。
オリオンの左足にはリゲルに照らされた魔女の横顔が見え、その上にも白い分子雲が
漂っています。

本当にこのレンズ、よく写ってくれますね。これだけでも元が取れた気分です。。
熊野の暗いそらのおかげでわずか1時間の露光でこれだけ移りました。
南をとるなら本当に熊野ですね。ピカイチの空です。

☆こちらの作品は、2018年天文ガイド2月号に掲載いただきました!

--
Title:Orion
Optics:Sigma 85mm Art(F=3.2)
Camera:Nikon D810A
Exposure:ISO2500 180sec x18
60sec x 4 , 20sec x 4
Mount:Takahashi EM200 Temma2M
Date:2017/11@Kumano



【カリフォルニア VS すばる】

M45_ngc1499_s

大きい画像はこちら →

この構図もオーソドックスです。赤と青の対峙。
それぞれの周りの分子雲を自分色に染めながら向かい合っています。
右側にはNGC1333 IC138がその様子を伺っています。
輝度さが激しく、なかなか処理のむつかしい領域です。
三重紀北町で初めての撮影でしたが、やはり空の暗さは熊野に軍配が
上がりますね。

--
Title:M45 California nebula wide field
Optics:Sigma 85mm Art(F=3.2)
Camera:Nikon D810A
Exposure:ISO2500 150sec x42
Mount:Vixen SXD2
Date:2017/11@Nishiki



【ぎょしゃ座付近】

Auriga_s

大きい画像はこちら →

ここもカラフルな領域です。実はこの対象をこの冬3回トライしたのですが、いずれも雲が通過したりで枚数が足りてません。
あわせると何枚か撮りましたが、構図が微妙にずれていてたり星の大きさがあまりの違ったりということで作品に仕上げるに至っておりません。
この日も薄雲満載の空でした。天然のソフトフィルターがかかったようにライトフレームから星が肥大化しておりますが、おかげで星座の形がよく分かりますね。

---
Title:Auriga
Optics:Sigma 85mm Art(F=3.2)
Camera:Nikon D810A
Exposure:ISO1600 180sec x9
Mount:Vixen SXD2
Date:2018/1/14@Kumano


【ヒアデス~すばる】

Mel25_m45_s

大きな画像はこちら →

さらなる枚数不足ですが、一度狙ってみたかったヒアデス星団付近です。じっくりとると美しい分子雲が浮かび上がってくるのでしょうが、わずか18分の露光では無理ですね。。
こちらはすっきりとした作品?に仕上げてみました。

--
Title:Mel25 and M45
Optics:Sigma 85mm Art(F=3.2)
Camera:Nikon D810A
Exposure:ISO1600 180sec x6
vMount:Vixen SXD2
Date:2018/1@Kumano



【おおいぬ座付近】

Canis_s

大きな画像はこちら →

冬の天の川の南に位置するおおいぬ座です。左上にはカモメ星雲が、
そしてトールのヘルメットは色があまり出ていないですがカモメの左下に姿を確認できます。
こうやって見るとシリウスの明るさがずば抜けていますね。たくさんの星の中でもキラキラに輝いています。そしてM41もその存在をアピールしています。


--
Title:Canis Major
Optics:Sigma 85mm Art(F=3.2)
Camera:Nikon D810A
Exposure:ISO1600 180sec x11
Mount:Vixen SXD2
Date:2017/12@Kumano


【おおぐま座分子雲】

M81_82s

おおぐま座の頭部あたりに広がる分子雲です。
中心にはM81と82が見えています。
85mmの広域で撮影すると火山部分だけではなくて、分子雲がかなりの広範囲に広がっていることがわかります。
こちらも27分の露光かつ、薄雲ソフトフィルター状態なので作品としては微妙です。
じっくりと露光するともう少しいろんなものが見えてきそうです。
狙うなら北が暗いそらになるでしょうね。


大きい画像はこちら →

---
Title:M81 M82 Volcano nebula wide field
Optics:Sigma 85mm Art(F=3.2)
Camera:Nikon D810A
Exposure:ISO1600 180sec x9
Mount:Vixen SXD2
Date:2017/12@Kumano

ということでSigma85mmの作品を一気にアップしました。
素晴らしいレンズだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

謹賀新年

みなさま

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は弊blogをご覧いただき、メッセージをいただきありがとうございます。

今年もよろしくお願いします。
今年こそ、すっきり晴れた新月期にたっぷり撮影できますことを祈念します。

気づけば・・12月は更新なしという失態でした。
撮影も遠征に行くものの、雲が多く、ちゃんと撮れずという日々が続きました。

ためた分?、昨年11月にとった4つの作品をアップします。


【M31 taken by FSQ85ED and new flattner】


M31_240sec_x_33_blog2

新たに購入したFSQ85ED用のフラットナーを使用しました。
もともとフルサイズが使えない鏡筒?ということでしたが、このフラットナー
を使うと周辺の星がまん丸に写ります。
比較的手にしやすい価格帯での発売でしたので、BabyQをお持ちの方には
おすすめですね。

--
Title:M31
Optics:Takahashi FSQ-85ED x Flattner 1.01
Camera:Canon6D SEO-SP4
Exposure:ISO2500 240sec x33,ISO2500 60sec x4
Mount:takahashi EM200 Temma2M
Date:2017/11/25@Kihoku

see original file



【バラ星雲】

Bara_x29_blog

こちらも同じくフラットナーを使った作品です。
バラ星雲は明るくてよく写ってくれます。毎年撮影していますが、なかなか正解が
ないある意味むつかしい対象かも?ですね。

see original file

--
Title:Rosetta NGC2237-9 2236
Optics:Takahashi FSQ-85ED x Flattner 1.01
Camera:Canon6D SEO-SP4
Exposure:ISO2500 240sec x29
Mount:Vixen SXD2
Date:2017/11/19@Kumano



【おうし座 レムナント】

Sh2240_rg180sec_x26_ha600sec_x_23_b

デジカメでは、箸にも棒にもかからなかった対象です。
かなり範囲の広いところに広がっている超新星残骸です。

冷却CCDのカメラに、久しぶりに?MiniBorg45ED+Reducerをつけて。
あと周りの星などを映すのにFSQ+Reducerとフルサイズカメラで
下弦の月の頃に撮影しました。
この2台をVixenのマルチプレートに同架しました。方向を合わせるために
微動雲台を使いました。それが原因なのか?、そもそも重すぎたのか?は
わかりませんが、冷却CCDの方は、ガイドのずれがあったようです。
流石Haだとよく写ってくれるので、残骸の形を確認する事ができました。

see original file

---
Title:Sh2-240
Optics:Takahashi FSQ-85ED x QE0.73(f=328mm/F=3.8)
Camera:Canon6D SEO-SP4
Exposure: ISO3200  180sec x 26
Camera:QHY9,Astrodon Tru-Balance
Exposure: Hα 600sec x 23 (Gain:10 Offset:130)
Mount:Takahashi EM200 Temma2M
Date:2017/11/11@Kumano




【ケフェウス クワガタ星雲あたり?】

Sh2157_m52_180sec_x_25_ha_600sec_x_

レムナントをとる前に向けていた対象ですが、あまりきっちり準備をしていなかったこともあり、クワガタを中心においております。
右上には洞窟星雲もあり、もう少し南に画角を振っていたらよかったかもと。。

ここもHaをブレンドしていますので、赤の星雲がよく見えてますね。

--
Title:Sh2-157 M52 NGC 7635
Optics:Takahashi FSQ-85ED x QE0.73(f=328mm/F=3.8)
Camera:Canon6D SEO-SP4
Exposure: ISO3200  180sec x 25
Camera:QHY9,Astrodon Tru-Balance
Exposure: Hα 600sec x 7 (Gain:10 Offset:130)
Mount:Takahashi EM200 Temma2M
Date:2017/11/11@Kumano

see original file

ということで今年もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

大台ケ原での撮影

もうすぐ12月ということで、大台ケ原での撮影はドライブウェイの閉鎖とともに完了となりますね。
11月は天候不良&寒すぎて?大台ケ原を訪れる機会はありませんでした。

10月初めに撮影したいくつかの対象をまとめてアップします。

【M78 LDN1621,1622】

M78_ldn1621blog

ここの領域は、カラフルな色合い、暗黒帯など大好きな要素が満載です。
昨年は南北縦構図で撮影しましたが、今回は横構図で狙いました。
LDN1621、1622の暗黒帯を長焦点で狙ってみたいです。

---
撮影データ
Optics:Takahashi FSQ-85ED x QE0.73(f=328mm/F=3.8)
Camera:Canon6D SEO-SP4
Mount:Vixen SXD2
Exposure: ISO2500  180sec x 35
Date:2017/10/1@Ohdaigahara

【NGC1333 IC138 B1,2,3,4】

Ngc1333_x18_newb

次は、とても淡い領域です。ちょうどカリフォルニア星雲とすばるの間にある
NGC1333、IC138です。
中央あたりにはたくさんバーナードの暗黒帯がありまして、このあたりの表現がむつかしいですね。

大台の空でしか狙えない対象かなと思います。

---
撮影データ
Optics:Takahashi Epsilon 130D(f=430mm/F=3.3)
Camera:Nikon D810A
Exposure:ISO2500 240sec x18
Mount:Takahashi EM200 Temma2M
Date:2017/10/1@Ohdaigahara


【NGC2264 Sh2-273 IC2169 /Xmas Tree,Cone nebula】

Xmas_blog

最後は、クリスマスツリー星団、コーン星雲、カタツムリ星雲あたりです。
定番の構図ですね。赤と青の対比がきれいな領域ですが、真ん中あたりにある
散開星団が美しいと思っています。

---
撮影データ
Optics:Takahashi Epsilon 130D(f=430mm/F=3.3)
Camera:Nikon D810A
Exposure:ISO2500 240sec x21
Mount:Takahashi EM200 Temma2M
Date:2017/10/1@Ohdaigahara


大台ケ原の空は流石という感じでしたが、できれば新月期にたっぷりと撮影したいです。
なかなかそんな機会はなく、大台の空はまた来年までお預けですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

10月も新月期は・・・

さて、10月も今日で終わりですね。

6月以降の天候不調のなかはや5か月が経過しましたが、
10月の新月期も結局台風の襲来もあってちゃんと撮影ができませんでした。

さすがに平日は遠征とかが厳しいので。。

バタバタしていてブログを更新できてなかったのですが、10月初めにわずか3時間の暗夜を求めて大台ケ原に遠征をしました。

この日は月が25時ころに沈むという条件でしたが、空は快晴でなんとか3時間撮影することができました。
3時間なので2対象をターゲットに撮影しましたが、1時間半ずつの撮影となってしまったためか、なんとなく中途半端な作品になってしまいました。

【大台ケ原のアンドロメダ銀河】

M31_x33b

この作品は、RAP2を使わないで、BIASを撮影して、ステライメージでダークフラット処理をしたものです。
出来上がってくる作品のカラーバランスがRAP2と異なっていて調整が結構むつかしかったです。
アンドロメダ銀河の色合いが何やらよく分からなくなってしまいました。
あとでもう一度RAP2を使って画像処理してみたいです。

---
撮影データ

Title:M31
Optics:Takahashi FSQ-85ED x QE0.73(f=328mm/F=3.8)
Camera:Canon6D SEO-SP4
Mount:Vixen SXD2
Exposure: ISO2500  180sec x 33
Date:2017/10/1@Ohdaigahara





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

晴れない中での強行出撃

6月初めに撮影に行って以来、週末にはほとんど晴れませんでした。
関西の星撮り屋さんは、2か月近く撮影できていない・・なんて方も多そうです。

梅雨明けをしたはずのこの週末、天気予報は全く残念なことに・・
とはいえ、低い可能性を信じて週末に神野山にいってきました。

到着した21時前はまだ雲もおおく、北極星も見えたり雲に隠れたりという状況でした。
準備をしていくうちに、どんどん雲が消えてきて気づけばこんな時間にすでに天の川が見えています。

慌てて撮影を始めましたが、例によってステラショットがうまく動きません。
一度止まるとパソコンをリブートしないと復旧しないので大きな時間をロスします。
自動導入・導入補正は素晴らしい機能なのですが、私の操作が悪いのかノートラブルで終わったことがありません。
今回は安定動作するまで3回連続でリブートする羽目になりました。(涙)

衛星画像を見ると次の雲がやってきそうな気配のなか、なんとか最初の対象をとりました。
こんな状況ですので、ISOは4000とかなり高めに、4分露光を18枚重ねました。(最後の1枚は雲のため没)

【M17/Omega nebula】

M17_20170721_gso8rcs

今回は、オフアキやAOを使わず、初めてのコバンザメガイドでの撮影です。
ガイドのアプリは、ステラショット→PHD2→PHD とためしましたが、
PHDが一番安定しているようです。
ステラショットは長焦点のガイドは想定していないそうですので、今後は最初からPHDを使うようにしたいです。

---
Title:M17
Optics:GSO8RC x 2inch flatner (f=1600mm/F=8)
Camera:Nikon D810A
Guide:mini borg 50(f=250mm) /QHY5L-ii /PHD2 guiding
Mount:Takahashi EM200 Temma2M
Exposure:ISO4000 240sec x 17
Date:2017/7/21 @Konoyama



M17をとり終えた後、空は雲が多くなってしまいあきらめムードに
まばらに見える星の合間を狙って、普段とることはなさそうな明るい惑星状星雲を狙ってみました。

【NGC7009 / Saturn nebula】

Ngc7009_x3

雲の中での撮影です。その割には明るいので存在はすぐわかりました。
ただ、表面の構造はほとんど確認できず・・
こちらはもっとシーイングのいい空で、小さなセンサーで狙うべき対象ですね。
まあ記念さつえいということで。
それにしても小さいです。この写真は3倍(1/3)トリミングです。

Title:NGC7009 ( x3 Triming)
Optics:GSO8RC x 2inch flatner (f=1600mm/F=8)
Camera:Nikon D810A
Guide:mini borg 50(f=250mm) /QHY5L-ii /PHD2 guiding
Mount:Takahashi EM200 Temma2M
Exposure:ISO800 10sec x 15 / ISO4000 15sec x 8 / 30sec x4 /60sec x3 /180sec x3
Date:2017/7/21 @Konoyama


夜半には完全に曇る予報でしたが、予報に反して時々晴れたり、曇ったりという撤収できないそらが続きます。
最後の対象は秋の対象であるバブル星雲です。
これも明るそうなので少ない枚数で狙えるかと思い撮影しました。
M52と一緒にとることが多い対象ですが、今回は真ん中に配置した構図です。

【NGC7635 / Bubble nebula】

Ngc7635s

明るい鏡筒で狙うと、かなり赤い散光星雲があぶりだせそうなエリアですが、今回はバブル星雲がメインということもありやや控えめの処理です。
これもフルサイズではなく、小さなセンサーでねらうと迫力が増しそうですね。

Title:NGC7635
Optics:GSO8RC x 2inch flatner (f=1600mm/F=8)
Camera:Nikon D810A
Guide:mini borg 50(f=250mm) /QHY5L-ii /PHD2 guiding
Mount:Takahashi EM200 Temma2M
Exposure:ISO4000 240sec x 19
Date:2017/7/21 @Konoyama


他にも球状星団のM12とM55を狙いましたが、処理は後程の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

星ナビ2017年7月号入選!

すっかり、ブログの更新がおろそかになっておりますが、ゴールデンウイーク前後は何回か撮影をすることができました。

最近はあらたな兵器であるSigma85mmとε130dやGSO8RCの2台体制というパターンが増えています。

そんな折、4月の極寒のなかみつえ高原で撮影したM20を星ナビに掲載していただきました。

【M20 】

M20_gso8rc_6d_small

AO+OffAxisはなかなか使いこなせていないのですが、だましだまし?使いながら、これまでよりガイドの精度が上がってくれていると実感しているところです。
バックフォーカスが長くなりすぎるので、周辺の星像が間延びするのは少し残念ですが。。
本当は冷却ccdでとれば、このあたりの問題もなくもっとシャープに写るかもしれませんが、デジカメの楽な処理についつい慣れてしまって、使用する機会が激減です。

--
Optics:GSO8RC x 2inch flatner (f=1600mm/F=8)
Camera:Canon 6D SEO-SP4 triming
Guide:SX-AO OffAxis Guider / UltraStar/PHD2 guiding
Mount:Takahashi EM200 Temma2M
Exposure:ISO3200 300sec x 24
Date:2017/4/2 @Mitsue


ちなみに雑誌の方はこんな感じでした。

Fullsizerender

素晴らしい作品の中に、掲載していただけるだけでも励みになります。
長焦点での初めての入選をとてもうれしく思っております。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

4月初めは御杖へGo

さて、年末年始からはすっきり晴れない新月期を過ごしておりますが・・

先週末は4/1がおうし座アルデバラン食ということで早めに遠征をと計画しておりました。
関西でも北の方は天気が良さそうで、京都も晴れていたのですが・・
なんとか未明からの夏物?を撮影したく、御杖高原にむかいました。

6時過ぎに到着したときはドン曇り orz...月の位置すらわかりません。

とりあえず機材を準備しているとなんとなく月の居場所がわかるくらいにはなってきました。
雲がわいては消え、わいてくるという繰り返しで

紫式部の

めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に
     雲がくれにし 夜半(よは)の月かな

という感じ(夜半ではありませんが・・)でヤキモキしておりました。

結論としては、潜入や出現のタイミングはNGということで、出現2分後くらいにきれいに晴れて記念撮影1枚

【アルデバラン食 出現2分30秒後くらい? 中心部トリミング】

20170401_1953_2

ピントも甘く?何とも微妙な作品ですが・・・
ちっちゃくアルデバランがうつってますね(汗)

---
Title:Aldebaran moon occultation
Optics:GSO8RC x 2inch flatner (f=1600mm/F=8)
Camera:Canon 6D SEO-SP4
Guide:No touch
Mount:Takahashi EM200 Temma2M
Exposure:ISO1000 1/30
Date:2017/4/2 19:53 @Mitsue

この後、すっきり晴れてくれて、いくつかの対象を撮影しました。


【M99】

M99_300sec_x11_2xdrizzle_b

これはリベンジで狙った作品です。
以前はシンチエーションが悪?な状況で御杖で撮影しました。
今回は、銀河の細かいところが見えているみたいです。
AOの効果+当日の空ということでしょうか?
わすか1時間足らずの露光ですが、この対象も思ったより小さく、このあたりが今の機材と撮影地だと限界かなぁ。。

--
Title:M99
Optics:GSO8RC x 2inch flatner (f=1600mm/F=8)
Camera:Canon 6D SEO-SP4 triming
Guide:SX-AO OffAxis Guider / UltraStar/PHD2 guiding
Mount:Takahashi EM200 Temma2M
Exposure:ISO6400 240sec x 11
Proseccing:DSS x2 Drizzle PSCC
Date:2017/4/2 @Mitsue



【M104 Sombrero galaxy】

M104_sharp

こちらは、M99に引き続き撮影しました。
短時間での撮影だと、明るい対象という選択肢しかなく、1年ぶりの撮影です。
あまり処理のし甲斐がない?対象です
ハッブルのようなバルジの詳細な模様はデジカメ&8inchではむつかしい
(というか、11inchあっても無理?)
ですね。まあ露光時間も60分なので短めです。

暗黒帯が特徴的な銀河で、まわりのあかるいところが楕円銀河でここに2000個ほどの球状星団があるそうです。5000万光年先の銀河です。
そして中心部は渦巻銀河とのことで2重構造ともいわれています。

--
Title:M104
Optics:GSO8RC x 2inch flatner (f=1600mm/F=8)
Camera:Canon 6D SEO-SP4 triming
Guide:SX-AO OffAxis Guider / UltraStar/PHD2 guiding
Mount:Takahashi EM200 Temma2M
Exposure:ISO6400 240sec x 15
Date:2017/4/2 @Mitsue

M99も、M104も昨年の撮影に比べて、自分の作品としては、よくなっているのですが、もっといい作品をとりたいなぁと思っています。そのためにはじっくりと撮影しないと厳しいのでしょうね。
GSOを使っていますが、バックフォーカスが規定よりも長いためか周辺の星が伸びてしまいます。

最後に、このところ盛り上がっている彗星2対象。

2つとも明るいですね。41Pは靄が残る中での撮影のためか、やや暗く写りました。
そしてLovejoyは薄明直前からの短時間撮影のため、尾が少ししか捉えられませんでした。
2つとも注目の彗星ですね。

【タットル-ジャコビニ-クレサーク彗星 (41P)】

41p_tb

Opt:FSQ-85ED x 0.73 Reducer
Camera:Nikon D810A (中央部をトリミング)
Mount:Vixen SXD2
Date:2017/4/2@Mitsue



【Lovejoy (C/2017 E4)】

Lovejoy2017e_tb_2

Opt:FSQ-85ED x 0.73 Reducer
Camera:Nikon D810A(中央部をトリミング)
Mount:Vixen SXD2
Exposuer:ISO3200 60sec x 8
Date:2017/4/2@Mitsue


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

星ナビ2017年3月号入選と晴れない長焦点・・

さて今年に入ってからお正月に撮影にってからは、ずっとこれまた週末の天気は思わしくなく、撮影に行くことができませんでした。

そんな中で、星ナビ3月号に、オリオン座中心部のモザイク作品を掲載していただきました。

ε130とD810Aのコンビで初めての入選です。

ステラショットでの撮影を何とか軌道に乗せて、モザイクで2つの領域を計画通りに撮影することができました。

【Orion's belt and great nebula】

Orion_130mozaic_d810a_small

D810Aの画像2つということで、激重ファイル?になってしまったせいか、
モザイク合成がうまくできずに大変でした。

そして巨大な元ファイルはこちらです。

撮影データ
--
Title:the Great Orion Nebula and the Horsehead Nebula
Optics:Takahashi Epsilon 130D(f=430mm/F=3.3)
Camera:Nikon D810A
Date:2016/12/3@Mitsue

North
Exposure: ISO3200  240sec x 32
South
Exposure: ISO3200  240sec x 24 120sec x 8 30sec x 4 10sec x 4

定番の対象だけに、うれしいです。これで、春・夏・秋・冬の対象で入選することができました。FSQ85EDが2対象、ε130が2対象です。

やっぱりタカハシの鏡筒は素晴らしいのでしょうね。

天気も悪くて撮影できておりませんので、天文雑誌への応募はしばらくできなさそうです。

----------------------

そしていつかは長焦点の作品も・・・。
ただもっと精度を高めないとまだまだ無理ですね。

ということで、スカッと晴れない中、春の銀河を撮影してきました。
途中の雲通過や、準備に手間取ったこともあり露光が十分できませんでしたが、なんとか4時間弱、2対象を撮影してきました。シーイングは今一つで星が肥大化しております。

撮影はEdge800HDで、今回はフルサイズの6Dをつなぎました。
Edge800はAPS-C向けということですが、フルサイズでも周辺はそれなりに写ってくれます。

ピント合わせは、いつもあっているのかあっていないのか?よくわからないというのが実情です。(汗) (もちろんバーチノフマスクとかは使っております)

【M82/Ciger galaxy】

M82_s

中心部から垂直方向にバーストしているところは、6D改造機では写ってくれません。
(HEUIBとかを付けると写りそうです)
Hαで撮影したものをブレンドすると面白そうです。
もう少しシャープに取りたいですね。

---
Title:M82
Optics:Edge HD 800 (f=2000mm/F=10)
Camera:Canon 6D SEO-SP4
Guide:OffAxis Guider / UltraStar/PHD2 guiding
Mount:Takahashi EM200 Temma2M
Exposure:ISO3200 360sec x 10
Date:2017/2/3 @Konoyama



【M63/Sunflower Galaxy】

M63_s

こちらは好きな対象で、毎年撮影しています。画像にあまり進歩がないです。。。
慌てて撮影を始めたため? カメラの縦横l(東西・南北)を反対にしてしまいました。
短辺の長さでスクエアにトリミングしています。

もうちょっと、銀河の中が改造してくれたらなぁ。あとやはり暗いところに行かないと
周辺にある淡いところは、あぶりだしても出てこない?

--
Title:M63
Optics:Edge HD 800 (f=2000mm/F=10)
Camera:Canon 6D SEO-SP4 triming
Guide:OffAxis Guider / UltraStar/PHD2 guiding
Mount:Takahashi EM200 Temma2M
Exposure:ISO3200 360sec x 18
Date:2017/2/3 @Konoyama

新しい対象を狙うには空がすっきりせず、結局去年と同じものを撮影しました。
できたら新しい銀河もとってみたいです。
さて次回の新月期はすっきり晴れてくれるのでしょうか。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧