« 2019年12月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月25日 (水)

春なのに・・秋の対象アップですか?

年末の更新を最後に、もう3か月も経過してしまいました。

 

いいわけですが、途中で記事をアップしようと準備をしたこともありましたが、
このココログの使いづらい新UIに慣れていないこともあり、途中で作成中の
Blogの記事が全部消える・・・ということが何度もありました。

具体的には画像を追加するときに、D&Dの操作を間違えると普通にJpegファイルが
ブラウザで開いて、一生懸命入力した内容がすべて消える・・・という
パターンです。

無料のBlogとはいえ、こんな感じだと、使うのをやめたくなってしまいます。。

 

さておき、夏の対象のあと撮影をした秋の対象をいくつかアップします。

 

【M31 + Ha撮影】

 

M31-300sec-x-45-ha-600sec-x-14b_20200325221502

 

こちらは、去年にデジカメで撮影したM31に、満月期の光害地で撮影したHaの領域をブレンドしたものです。
銀河バルジの色合いも変わりましたし、周辺部に点在するHαも評点できて、ちょっと骨太?なM31となりました。
これまで何度も撮影した対象ではありますが、一番のお気に入りの画像になりました。

 

-----

撮影データ


Title:M31
Optics:Takahashi FSQ-85ED x Flattner 1.01(f=455mm/F=5.4)
Camera:Nicon D810A ISO2500
Mount:Vixen SXD2
Exposure:300sec x 45
Date:2019/10/5@Susami

Optics:Takahashi FSQ-85ED x QE0.73(f=328mm/F=3.8)
Camera:ASI183 1x1 Gain 200 -15d
Mount:Vixen SXD2
AutoGuide:ASI AIR x 130mm ガイド鏡
Exposure:Ha 600sec x 14
Date:2019/11/16@Neyagawa

 

 

 

【NGC7293 デジカメ+ナローバンド版】

Ngc7293-rgbha-b_20200325222101 

 

こちらも、秋の目玉対象、宇宙の目玉? らせん星雲です。
何度となく撮影をしてきた対象ですが、これまでの集大成!
デジカメの画像やHα、O3の画像をブレンドし仕上げたものです。
画像処理も結構モリモリな感じですが。。やり切った感はあります。

師匠のTさんに、「この対象はほぼHα領域だから・・」とのご助言をいただき、
撮影はHαを中心に撮り増しました。3時間を超えるHαフィルターでの撮影となりました。

細かな描写はHαの画像を輝度画像として使った結果です。

 

-----

撮影データ

Title:NGC7293

Optics:GSO8RC x CCD67 Reducer (f=1073mm/F=5.36)
Camera:QHY9s 2x2 bin Gain13 Offset 130
Exposure:Ha 360sec x16 O3 360sec x 9
AutoGuide:mini Borg 50,QHY 5ii-L ,PHD2
Mount:Vixen AXJ
Date:2018/7/21 @Takashima

Optics:GSO8RC x CCD67 Reducer (f=1073mm/F=5.36)
Camera:QHY9s 2x2 bin Gain13 Offset 130
Exposure:L 450sec x15
AutoGuide:mini Borg 50,QHY 5ii-L ,PHD2
Mount:Vixen AXJ
Date:2018/8/17 @Kohnoyama

Optics:GSO8RC x 2inch flatner (f=1600mm/F=8)
Camera:Canon6D SEOSP4 2 x Drizzle
Exposure:ISO4000 300sec x 20
AutoGuide:mini Borg 50,QHY 5ii-L ,PHD2
Mount:Vixen AXJ
Date:2018/8/18 @Gomadan siteC

Optics:Takahashi Epsilon 130D(f=430mm/F=3.3)
Camera:ASI183 1x1 Gain 200 -15d
Exposure:Ha 600sec x 20
AutoGuide:mini Borg 50,QHY 5ii-L ,PHD2
Mount:Vixen AXJ
Date:2019/10/5 @Susami

 

 

ちなみにHαを合成する前の画像は、こちらです。。
結構シンプル?な仕上がりです。
デジカメとナローバンドのブレンドは面白いなぁと感じました。

【NGC7293 デジカメ版】

Ngc7293-20180825

赤の色合いの違いは、画像処理の加減ということで、ご了承ください。

 

 

最後は、秋から冬にかけての定番 プレアデス星団です。

【M45 プレアデス星団 ☆彡 星ナビ入選作品】

M45-asi1883-ep130-300sec-x-45_20200325223001

 

こちらは新兵器? ASI183 MMProで撮った作品です。
M45の7つ星をメインターゲットに、星雲部分を強調しすぎず、階調を大事に守りながら
処理をしました。

もう少し広域な作品だと、スバルの刷毛をつかって描いた部分が「ベタっ」となってしまうのですが
今回は飽和をしないように慎重に画像処理をしてみました。

ASI183とEp130 の組み合わせはとても相性がいいと感じた作品です。

 

-----

撮影データ

Title:M45
Optics:Takahashi Epsilon 130D(f=430mm/F=3.3)
Camera:ASI183 Pro 1x1 bin /Gain135/ -15d
Mount:Vixen AXJ
Exposure:L 300sec x 22 ,R/G 240sec x 6 ,B 240sec x 9 Astrodon Tru-Balance
Date:2019/10/5@Susami

 

 

アップした3つの作品はいずれもすさみ町で撮影したものです。

本当に暗い空に出会える場所ですね。
広域や中焦点までの作品を撮るには、とても素晴らしいロケーションだと思います。

ただ外洋に近いこともあり、シーイングは当たりはずれもあるので、長焦点を狙うのであれば
瀬戸内地域が第一選択肢になりそうです。

 

 

 

 

| | コメント (2)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年4月 »