« 2018年9月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年1月

2019年1月26日 (土)

4か月ぶり?

すっかりBlogの更新が滞っておりました。
2か月くらいかなぁと思って久しぶりに見たら、なんと4か月以上放置・・・
その間も撮影には行ってましたが、天候は微妙な日も多く、画像処理も
あまり進まない状況でした。
さて何から書こうかという感じですが、、


【らせん星雲に挑戦】


1つめのトピックとしては、どうしてもしっかり取りたかった憧れのらせん星雲を
3夜にわたって撮影したことです。
GSO8RCで
 フラットナー+フルサイズデジカメ(好感度)
 レデューサ+冷却CCD(フォーサーズ)
  L + Ha+O3


で撮影し合成しています。合計3夜で6時間露光です。

【NGC7293】

  

Ngc7293_dslr_hao3b_2

HaやO3の露光時間が短く、荒れ気味ですが・・
やはりデジカメで撮るよりは惑星状星雲の細かな模様が見えています。
合成の方法ですが、まずはデジカメで通常の処理をします。
一方でHaとO3はAOO合成します。輝度はLとHaを(1:3)でブレンドして
使いました。


撮影データ
---
Optics:GSO8RC x CCD67 Reducer (f=1073mm/F=5.36)
Camera:QHY9s 2x2 bin Gain13 Offset 130 
Exposure:Ha 360sec x16     O3 360sec x 9
AutoGuide:mini Borg 50,QHY 5ii-L ,PHD2
Mount:Vixen AXJ
Date:2018/7/21 @Takashima

Optics:GSO8RC x CCD67 Reducer (f=1073mm/F=5.36)
Camera:QHY9s 2x2 bin Gain13 Offset 130 
Exposure:L 450sec x15
AutoGuide:mini Borg 50,QHY 5ii-L ,PHD2
Mount:Vixen AXJ
Date:2018/8/17 @Kohnoyama

Optics:GSO8RC x 2inch flatner (f=1600mm/F=8)
Camera:Canon6D SEOSP4 2 x Drizzle
Exposure:ISO4000 300sec x 20
AutoGuide:mini Borg 50,QHY 5ii-L ,PHD2
Mount:Vixen AXJ
Date:2018/8/18 @Gomadan siteC


さてもう一つのテーマは、モノクロCCDによるによる銀河撮影です。

銀河の解像はデジカメよりもCCDがよくなると思っています。
M33はこれまで1000mm声で撮っていましたが、今回はε130Dと
QHY9で狙いました。

【M33】

   

M33_qhy9_ep130

LRGBに加えて、Haも撮影し銀河の赤いプチプチの部分も撮影できてお気に入りの1枚になりました。やはりεはシャープですね。 星ナビ(12月号?)に掲載をいただけました。



撮影データ
---
Optics:Takahashi Epsilon 130D(f=430mm/F=3.3)
Camera:QHY9s Gain13 Offset 130 
Exposure:L 300sec x14 , 180sec x 4 / RGB 180sec x 4 2x2bin / Ha 180sec x 12 2x2bin
Mount:Vixen AXJ
Date:2018/9/16 @Susami


ということで、撮った作品を引き続き掲載していきます。
今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2019年4月 »