« アメリカ皆既日食 | トップページ | アメリカ皆既日食旅行記(2日目) »

2017年9月 9日 (土)

アメリカ皆既日食観測記(1日目)

今回のアメリカ皆既日食は皆様もご存知の通り皆既食帯がアメリカ本土を横断するという好条件のものです。

【アメリカ皆既日食帯 From NASA】

 Eclipse_path

日本出発の有名どころの観望ツアーはアメリカでも50万~80万円が相場のようで、アメリカなのにその価格?という感じです。
(出発直前にはもう少し安いツアーも売られていたようですが)

折角アメリカに行くので他の観光も自分が行きたいところを織り交ぜたいということと、普段使いのUnitedAirlineカードのマイルが溜まったこともあり完全個人手配で旅行計画を立てました。

準備は1年半くらい前から始めましたが、晴天率が高そうな西側の皆既帯に近いホテルは予約と取ることができません。
(いつ発売になるかがわからず、すぐに売り切れるためむつかしかったです)

そこで、皆既日食前日はレンタカーで、日食用に開設されたRVキャンプサイトに滞在する計画を立てました。

まずは特典航空券を予約する必要があり、いずれの方面にいくのもアクセスがよさそうなアメリカの中央部であるCororado州のDenver行きを予約しました。
できる限り少ないマイルでいく方法を探って、
行きは 伊丹→羽田→San Francisco→Denverの2回乗り継ぎ、
帰りはAnaheimのディズニーランドに行く計画をたてたので、LosAngels→羽田→伊丹としました。

さて、皆既日食の観測地ですが、雲量を予測したものによると、西海岸のカスケード山脈を超えたOregon州の西側やIdaho州、Wyoming州あたりが条件がよさそうです。
あとは空港からアクセスのよさそうな都市を選ぶことになります。

Wyoming州のCasperとOregon州のMadras、Salem、ミズーリ州のKansas Cityあたりがよさそうです。

そこで、特典旅行が使えるDenver-Casperのチケットを予約しました。

皆既日食前日の宿泊施設はともかく、アメリカ国内の移動手段は数か月前でも予約が取れそうな状況でした。
いろいろと迷いましたが最終的には、Oregon州で観測することを決めて、DenverからPortlandに移動をすることに・・

結局、Denver-SoltlakeCity経由-Portlandに移動することになり、アメリカ大移動の旅となってしまいました。

【アメリカ国内飛行機のルート】

Travel_map



ーーー

【1日目 伊丹→羽田→San Francisco→Denver ~ひたすら移動 長い8月18日

日本からはほぼ1日かけての移動です。トランプ政権となって手荷物検査や入国審査が厳しいらしいという航空会社の指摘もあり、アメリカでの乗り継ぎはちょっと長めの便を選びました(当初予定の便がスケジュール変更で時間が20分くらい早まったこともあって)トランジットで4時間くらいSFO空港で待つことになります。

3回の乗り継ぎですから、いつ荷物が出てこなくてもおかしくない。。ということで、必要最低限のものと機材は手荷物で持ち込みます。
NikonD810AとBorg71FL+1.4Xテレコンバータとポラリエと三脚(小)あとは自由雲台などが詰め込まれたバッグをX-Rayに通すのですが、伊丹空港では、これらすべての金属物を出しての検査となってしまいました。後で分かったことですがここでの検査が一番厳しく(めんどくさく)て、時間がかかりました。

羽田やアメリカの空港では、チェックインをするときの預ける荷物の検査(旅行者がやるもの)もなく、スムーズでしたが、伊丹だけはこの荷物検査に長蛇の列です。
もちろんアメリカ便なので、スーツケースに鍵をかけることはなく、Inspectionしたという紙も入ったりしてましたが、、
伊丹はインフラが古いのでしょうか? 海外の人にとってもこのシステムは不便に見えるでしょうね。

さて飛行機3便は予定通りに運行され、荷物も無事Denverに到着していたので、Denver市内へ移動です。

Denverの気候は1年を通じて乾燥し、日中は暑いが夜は涼しくなる夏と、日中は穏やかなものの夜は冷え込みの厳しい冬に特徴付けられ、気温の年較差と日較差のともに大きい、
四季のはっきりした、しかし天気の変わりやすい、高山性の気候だそうです。

【Denver市内】

Denver

Denver空港から市内へは、直通の電車が走っていてとても便利です。
アメリカですから改札とかはなくて、自分で切符を買って乗り込むと社内で車掌さんが検札にまわってきます。40分くらいで市内に到着、近くのホテルまでは歩いて5分でしたので無事チェックインできました。

この日の夜は、これまたホテルから徒歩5分で行けるBallPark「Coors field」で、大リーグの試合を観戦しました。
コロラドロッキーズ vs ミルウォーキーブリュワーズ というこれまた渋い試合でしたが。。
このスタジアムは標高1600mあって、ボールがよく飛ぶことで有名らしいです。この日のゲームもホームランも何本も飛び出し、ホームのロッキーズが快勝ということで、盛り上がっていました。Internetでチケットが買えるので、大リーグ観戦も気軽に行けますね。

【Colorado Rockies】

Clr

|

« アメリカ皆既日食 | トップページ | アメリカ皆既日食旅行記(2日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125721/65769489

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ皆既日食観測記(1日目):

« アメリカ皆既日食 | トップページ | アメリカ皆既日食旅行記(2日目) »