« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月28日 (火)

晴耕雨読 ~Kiriさん画像教室とCANP

梅雨時は、撮影ができず思わずがま口を壊しがちですが、それを避けるため?に6月の週末はいろんなお勉強企画に参加しました。

【Kiriさんの画像処理講座 第1弾!?】

まずはKiriさんの画像教室です。

Kiriさんといえば、天文誌に多数の入選を誇る方です。
撮影地で何度かご一緒する機会があり、この時期に画像処理の基礎を教えてくださる・・・
といった企画をご快諾いただき画像処理講座をお願いすることになりました。

我が家に講師Kiriさんを招いて、生徒は、天文中年さん、Markunさん、たらちゃん、ぐっちさん、NOBさんと私です。

皆さんがそれぞれ自分で撮影した素材をそれぞれ持ち寄って、順番に処理を教えていただきます。

使ったソフトはステライメージとPhotoshopです。まあ同じものを使っていながらも使い手が変わるとこうも作品の仕上がりが変わるの?といったことを痛感しました。

・基礎的な処理は重要。ダーク、フラット処理は必須。
・あれこれ目移りするのではなく、たっぷりと露光をかけること!
・きっちり露光した素材には、ちゃんといろんなもの(分子雲も含めて)が写っている。
・カブリをしっかりと撮る。
・後の処理はそれほど強調しなくてもいい。レベル補正とローカルコントラスト調整がメイン。

といった内容でした。

色々な技?を拝見しながら、自分で再現できるのにはもう少し時間がかかるなぁと感じながらも、とても勉強になりました。

きっちりとカブリを取りながら、レベルをあわせ少しずつ強調していくとトーンカーブがきっちりとそろってくることがよくわかります。

実際にできあがった画像を少しさわってみました。
以前投稿したバンビの横顔のBefore<left side> and  After<right side>です。

Bambi_ba

まぁ なんてことでしょう~。酔っ払いのバンビの酔いが覚めています。
ちょっと赤く強調しすぎていたようでしたが、ナチュラルになりました。

この方法を忘れないようにしないと! 
ともあれ、Kiriさんどうもありがとうございました。


【CANP16】

こちら天体写真をされる方には、言わずと知れたCANPです。
お恥ずかしながら、実は存在を知ったのが2年ほど前なのです。
これまでは場所も離れていたので参加する機会がありませんでした。
今年は奈良での開催となり、申し込みをしました。
(申し込みは開始後すぐに満員になりキャンセル待ちが出るくらいだったとのことです。)

Canp2_2  

プログラムの一般公開はされていないようですので、ここで詳しく書くことはできないのですが、このところ私も興味がある惑星撮影や来年の皆既日食ネタ、いつもお世話になっているTさんの彗星撮影、HANAさんのD810Aのお話、よっちゃんやぴんたんさんの天文雑誌入選常連組の方々のお話など他にも貴重な講演を聞くことができとても濃厚な2日間でした。

私は2日間通いでの参加でしたが、他の皆さんはお泊りされていたので深夜(明け方?)まで天文談義に花を咲かせていたようです。

Canp_2

いつもお世話になっているTさんの彗星がパネルサイズで掲示されていました。
http://park10.wakwak.com/~tsumura/

QHY9ではお世話になった、九州の天文ハウスTOMITAさんも、QHYのお話や新しい商品を展示されていました。

Canp3_2

惑星のイメージングではZWOが最近かなりシェアを固めていたような印象ですが、QHYも新しい商品を投入してきていますね。この2社のカメラは2つずつもっています。
初めて知ったのですが、QHYって、創業者の方のお名前の頭文字だったんですね(汗)


ということで、2週連続での勉強会はとても有意義な時間でした。
あとは実践あるのみ? 早く梅雨明けしてくれたらいいなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

夏の対象 三昧

梅雨の時期ですね。土曜日は1日晴れ(とはいえ薄雲)で気温は35度(滝汗)・・・となりました。
Blogの更新も滞りがちですが、GWに御杖でFSQ85x0.73+6Dとε130D+QHY9の2台体制で撮影した夏の対象をアップします。


【NGC6357,6334/出目金・彼岸花星雲】

Ngc6357_6334b_2

こちらは南に低空にある彼岸花と出目金星雲です。
中々撮影するチャンスが巡ってこない対象ですね。今回はわずか30分という露光でしたが記念写真としてアップします。(汗)
ここもいつもの処理で全体に真っ赤になりがちだったものを、GやBのコントラストあげることで、赤の星雲を際立たせるようにやってみました。(これも画像処理で教えていただいた手順です。)

大きな画像はこちら

--
Title:NGC6357 6334
Optics:FSQ-85ED x QE0.73(f=328mm/F=3.8)
Camera:EOS 6D SEO-SP4,ISO2500
Exposure:180sec * 10
Date:2016/5/4@Mitsue


【M24 Star cloud】

M2420160619b

以前εで狙って、主鏡圧迫?のためにおにぎりになったエリアです。
リベンジとばかりに、出目金と彼岸花を合わせてて切り上げた後に撮影しました。
今回は光軸は気にしないでいいFSQで狙いました(笑)。
流石シャープです。そして6DとRDを付けたBabyQでのこの画角はサイズもぴったりです。
最初処理した時は、Bレベルが低く、全体に黄色く仕上がっていました。
実は本日Kiriさんを迎えての画像処理講座をいつもの皆様とともに我が家で開催をしました。その時に教えていただいた方法で少し処理を見直してみました。
一から処理しなおしたのではなく、ヒストグラムを見直しRGBのレベルを調整したら白く抜けてくれました。本日の模様はまた後日ブログで報告させていただきます。

大きな画像はこちら

---
Title:M17 M24/The star cloud
Optics:Takahashi FSQ-85ED x QE0.73(f=328mm/F=3.8)
Camera:EOS 6D SEO-SP4,ISO2500
Exposure:180sec * 20
Date:2016/5/4@Mitsue



【B72 Snake Nebula】

B72_snake_b

へびつかい座にある暗黒帯です。
この近くにはPipe nebula(NZではキウイのくちばし?)があります。
ちょっとマニアックな領域ですが、たくさんの星の中にあるこの暗黒帯はとても特徴的な形をしていますね。
全体に特徴的な色は少ないようですが、右上に輝くΘ星の青さが目立ちますね。

大きな画像はこちら

--
Title:B72 /Snake nebula
Optics:Takahashi Epsilon 130D(f=430mm/F=3.3)
Camera:QHY9,Astrodon Tru-Balance
Exposure: L:240secx11(1x1),RGB:240secx2 (1x1)
Date:2016/5/4@Mitsue


【M8/M20】

M8_m20_b

定番の領域です。
430mmとフォーサーズサイズのQHY9ですから猫の手までは入りません。
この日撮影したSnake nebulaとこのM8、M20もあまり星がシャープとは言えないです。ピントが甘かったのか、原因がわからないのですが・・
フルサイズの6Dでとった上の二つに比べると星がぼやんとした感じですね。

大きな画像はこちら

--
Title:M8,M20/The Lagoon and Trifid nebula
Optics:Takahashi Epsilon 130D(f=430mm/F=3.3)
Camera:QHY9,Astrodon Tru-Balance
Exposure: L:240secx12(1x1),RGB:240secx2 (1x1)
Date:2016/5/4@Mitsue



今頃GW分をアップしておりますが、6月は2回撮影ができましたので、また後日アップします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

それでも続く?メシエ天体-M5/M9/M16/M19/M44/M80/M94/M97/M108

すっかり更新が滞っていました。というかゴールデンウイークに撮影した対象の処理がなかなか進まなくて、ようやく一巡しそうなということで、、

梅雨入りして撮影にいけないのでまったりとアップをしていきます。(とか言いながら今は晴れていますね。でも日曜日ですorz...)

☆☆☆光軸調整途上のε130DとQHY9での撮影☆☆☆

光軸というか、主鏡の抑えの部分(サイドや上の3点止め)を少しやり直してリベンジしたものです。前回よりは改善したようにも見えますが、やっぱり丸くはうつらないんですね。

【M5 へび座の球状星団】

M5_qhy

430mmとフォーサーズサイズの組み合わせで、トリミングなしでも大きく写りますね。
よく見ると星がいびつですが・・・

---
Title:M5
Optics:Takahashi Epsilon 130D(f=430mm/F=3.3)
Camera:QHY9,Astrodon Tru-Balance
Exposure: L:240secx4(1x1),RGB:240secx2 (1x1)
Date:2016/4/29@Mitsue



【M9 へびつかい座 球状星団】

M9

この対象は球状星団の中でも小さいですね。前回の撮影は家の近所からでかなりひどい作品でしたので、ちゃんとした場所と鏡筒とカメラで狙ってみました。
さすがに430mmだと小さいですが、周りの暗黒帯とかが見えていて雰囲気がでてますね。
調べてみると、M9の下(座標は西)にあるのがB64、左上に見えている(座標は南)のが、B259とNGC6342の球状星団です。
Barnard'sの         dark nebulaeとかも狙ってみたい対象ですね。この南側には有名なPipe nebulaがあります。(NZではキウイと呼んでました)

---
Title:M9
Optics:Takahashi Epsilon 130D(f=430mm/F=3.3)
Camera:QHY9,Astrodon Tru-Balance
Exposure: L:240secx4(1x1),RGB:240secx1 (1x1)
Date:2016/4/29@Mitsue

【M97とM108】

M97_108_qhy_2

最後は、春の代表選手?M97とM108です。
ノートリミングですが、あまりにもちっちゃいですね。
トリミングしてもあまり変わらないような気もしますが・・
このあたりはやはりEdgeで狙ったほうがよさそうです。

---

Title:M97 M108
Optics:Takahashi Epsilon 130D(f=430mm/F=3.3)
Camera:QHY9,Astrodon Tru-Balance
Exposure: L:180secx13(1x1),RGB:180secx2 (1x1)
Date:2016/4/29 @Mitsue

☆☆☆光軸調整やり直しε130DとCanonX4での撮影☆☆☆

【M44 かに座プレセペ星団】

M44_x16

西に沈みかけるかに座のプレセペ星団です。
イプシロンでスパイダーキラリンを狙ったのですが、あいにく西はカブリがひどく長い時間の撮影は難しかったです。画像処理もそこそこで・・
星は前日のモノよりも幾分丸くなったかなぁという感じです。

---
Title:M44
Optics:Takahashi Epsilon 130D(f=430mm/F=3.3)
Camera:Canon Kiss X4 ISO1600
Exposure: 120sec x32
Date:2016/5/1@Mitsue

【M94 りょうけん座渦巻星雲】

M94x33

こちらはεでりょうけん座の銀河を放置モードで撮影しました。
対象は小さいのでDSSの2xDrizzleでスタックしています。
こういった撮影の仕方は相性がいいのか、EDGEの直焦点とかで撮るよりも
鮮明且つ周りの淡いところが見えてきますね。

---
Title:M94
Optics:Takahashi Epsilon 130D(f=430mm/F=3.3)
Camera:Canon Kiss X4 ISO3200
Exposure: 120sec x33
Date:2016/5/1@Mitsue



☆☆☆2台体制なのでお隣ではEdge直焦点とX4で撮影☆☆☆

【M16 いて座 わし星雲】

M16_edge2000_2

わし星雲中心部のアップ写真です。
ナローとかで撮影したものに比べるとぼやっと感が満載ですね。
中心部が飽和しないように処理しました。
創造の柱が見えています。
なぜか全体の色はBが抜けきらずマゼンダ色になっております。
できれば、QHY9で狙いたい場所ですね。

---
Title:M16 / Eagle nebula
Optics:EDGE HD 800 (f=2023mm/F=10)
Camera:Canon Kiss X4 ISO1600
Exposure: 120sec x24
Date:2016/5/1@Mitsue



【M19 へびつかい座の球状星団】

M19_x16edge

この球状星団は、扁平率が高くて面白い形をしています。
ちゃんととり直しをしたかった対象なので、ドアップ撮影を試みましたが、
何気にピントが甘いというか、2000mmだとこんな感じになってしまいますね。(汗)

球状星団だとレデューサを付けたほうがもうちょっとしまった画像になりそうです。

---
Title:M19
Optics:EDGE HD 800 (f=2023mm/F=10)
Camera:Canon Kiss X4 ISO1600
Exposure: 120sec x14
Date:2016/5/1@Mitsue


【M80 さそり座の球状星団】

M80edge_2

これまたマイナーな天体ですが、しっかりと取り直したかった対象です。
M19と同様にぼやっとした感じですね。なぜか、左が北の画角です。
コレクションとしては、こちらに置き換えとなりますね。

---
Title:M80
Optics:EDGE HD 800 (f=2023mm/F=10)
Camera:Canon Kiss X4 ISO1600
Exposure: 120sec x10
Date:2016/5/1@Mitsue


以上です。まだあと1日分が残っております(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »