« すさみでのDSO観望 | トップページ | The Messier Objects »

2016年4月24日 (日)

アンタレス付近/Antares area

3月、4月の新月期の夜明け前に撮影したアンタレス付近です。

【Antares area】

Antares_area3b

※ちょっと星の周りの輝度が落ち込んでいたので修正し差し替えました。(4/26)

この付近は星も多くて、とても1Mには収まりません。
大きな画像はこちらです。

昨年は、FSQ85とReducerを使い、QHY9で2分割モザイクにしたのですが、
処理が結構大変でした。
今年はフルサイズのEOS 6Dとε130の組み合わせでワンショットで狙いました。

まあフルサイズだと厳しい鏡筒なのでしょうが、やはり全体的にシャープに写ってくれます。
今回は2夜に分かれての撮影となり、(それも週末の天気が悪すぎて1か月も間隔があいてしまいました)ちゃんと構図を合わせてコンポジットできるか心配してましたが、時間をかけて位置決めをしたおかげで無事合成ができました。

内緒ですが、2日目は例のおにぎり星像事件のため、星部分はマスクして背景の星雲部分を使っております。

--

撮影データ

Title:Antares area
Optics:Takahashi Epsilon 130D(f=430mm/F=3.3)
Camera:EOS 6D ISO3200
Filter:HEUIB ii
Exposure: 180sec x16<2016/3/12> ,180sec x20<2016/4/16>
Date:2016/3/12 @Mitsue 2016/4/16 @Susami

|

« すさみでのDSO観望 | トップページ | The Messier Objects »

コメント

金曜日の夜は、お疲れ様でした。
合同惑星撮影も、楽しいですね〜。
風が予報よりもかなり強かったのが、残念でしたが。
次はゴールデンウィークの新月期ですね。
梅雨入り前の撮影、なんとかスカッと晴れて欲しいですね〜

遠征。よろしくお願いします。

投稿: 天文中年 | 2016年4月25日 (月) 14時16分

大きな画像も拝見しました。
目が覚めるようなアンタレス付近。!
ステナビ10で調べると、余りノンビリしてると梅雨になってしまうので、本当は、今頃の早朝に南の空なんですね。
この天気じゃ、GPVも信じられず、家でも急に曇って駄目になる事多々なので、早く安定した天気になって欲しいです。

投稿: オヤジ | 2016年4月25日 (月) 18時10分

天文中年さん

先日はいろいろとご指導いただきありがとうございました。
是非透明度の高い快晴の夜空で、新兵器でこの領域を狙ってくださいね。

投稿: くろ | 2016年4月26日 (火) 08時28分

オヤジさん

ステラショットでのオートガイドとかとても精力的に取り組まれていらっしゃる様子を興味深く拝見いたしました。
せっかくの下準備を発揮することができるようにクリアーな夜空(新月期)に出会えるよう、祈っております。。

投稿: くろ | 2016年4月26日 (火) 08時31分

くろさんお久しぶりです。
アンタレス付近の星雲すばらしい仕上がりですね。
私もこの時期毎年のように狙ってますが難易度が高すぎていまだに納得のいくもの撮影できません。
あと遅くなりましたがオメガ星団入選おめでとうございます。
こちらも素晴らしい写真ですね。
実は撮影場所の熊野おそらくですが私も冬から春先、年に1~2度行く場所だと思います。
 
 なかなかお会いできるチャンスありませんが、5月の連休後半は私も大阪の実家に帰省しますので、遠征計画等ありましたら連絡ください。

投稿: ヨシダ | 2016年4月26日 (火) 20時47分

美しいですね!ガスの織り成す濃淡を丁寧に丁寧に残しながら処理なさったのだろうなぁと想像しております。繊細な画像と感じました。

星って差し替えられるものなのですか?フォトショップの使い方がイマイチ理解できておりません(汗)

投稿: k | 2016年4月26日 (火) 21時01分

ヨシダさん

こちらこそご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。
アンタレス付近、今年は天候が不順でなかなか撮影チャンスがなくてまだまだ露光が足りません(汗)

GWですね〜。晴れたら大台⁉️なんて声も聞こえきておりますので、ぜひご一緒しましょう。

投稿: くろ | 2016年4月27日 (水) 08時18分

kさん

コメントありがとうございます。
このカラフルな領域は、色のバランスが難しいですね。
最初に投稿したあと少し輝度と彩度をあげました。
星の部分は、フォトショップの輝度マスク(または星マスク)を作り、背景を使いたいレイヤーと、輝星を使うレイヤーを重ねています。
星の牧場でよっちゃんさんが紹介されていた手法で、カラーアシストというものがあります。デジカメとCCDの画像を使う時に、星の色はCCDで、背景はデジカメの情報を使うのですが、これと似た処理になります。
文書だと説明しにくいですね(汗)

投稿: くろ | 2016年4月27日 (水) 08時26分

大台ですか、私は行ったことないので一度と思ってますが、ただ遠そうですね
…どれぐらい時間かかるのですか?
でもチャンスあれば行きたいですね。
私は3日の晩に実家に帰省しますので具体的になりましたらご連絡下さい。

投稿: ヨシダ | 2016年4月27日 (水) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125721/63532774

この記事へのトラックバック一覧です: アンタレス付近/Antares area:

« すさみでのDSO観望 | トップページ | The Messier Objects »