« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月29日 (火)

EM200 Temma2M、QHY 5L-II、PHDguiding2でのオートガイド

11月のEM200 Temma2M導入以来、試行錯誤してきたオートガイド環境ですが、ようやく何とかやり方が見えてきました。

ここに失敗した原因を備忘録として記述します。自分自身のメモとして記述しますが、もしご覧いただけた方にとっても何らかの役立つ情報があればいいかな・・と思います。

ちなみに、PHDGuidingのHPでは、非常に参考になる基本的なチュートリアルが公開されていて、これを読むとトラブルシュートに非常に役立ちます。ここに書かれている内容なんかも参考にしながら、試行錯誤をしてきました。


【オートガイドの注意点とガイドエラーの原因と対策】

1.ガイドカメラの接続ケーブル不良

キャリブレーションをしているときにRA方向のみで、DEC方向に全く動かないという事象がありました。
この原因としてよくあるのが、赤経(DEC)ガイドモードをOffにしてしまって、RAのみのガイドをしているケースのようです。

Blog1

通常は、デフォルトではAutoが選択されていますので設定を触らない限り問題はありませんし、実際私のエラーもこれが原因ではありませんでした。

エラーの原因は、ガイドカメラの接続ケーブル不良でした。
別のケーブルを使うと問題なく作動したので、いつもお世話になっているKYOEI大阪さんで交換をしてもらいました。
この手のトラブルはPHDguiding2の手動ガイドで東西南北の方向に動くかどうかをみたり、USBケーブル不要は予備のケーブルを使えばすぐに確認できます。
購入したてのケーブルと安心していたのも悪かったのですが、切り分けテストは基本ですね。


2.PHDguiding2の設定 ~カメラとマウントの選択は何がベスト?

PHDを起動して最初に出てくる画面で、カメラやマウントを選択するものがあります。

最初はPHDGuiding2では、
 カメラ:QHY 5L-II Mono
 マウント:On Camera
といったパターンや

 カメラ:QHY 5L-II Mono
 マウント:ASCOM Camera

というパターンでオートガイドを試してきましたが、マウントでOnCameraを選択するとQHY 5L-IIはコントロールがうまくいかない・・といった事象があるようです。
この場合は、マウントを ASCOMにしましょう~というのが、購入したガイドカメラの取扱説明書での対応策です。
そしてこのほうが確かに安定するようで、2つめのパターンでガイドを行うことにしていました。

ところが、新たな問題が・・・


3.PHDguidingとステラナビゲータのコンフリクト

EM200とTemma2Mとしたことで、VixenのようにStarBook10とアドバンスドユニットは使えません。
したがって、オートガイドと自動導入の機能をパソコンで制御することが必要となります。
自動導入は、すでに使っていたステラナビゲータを使用します。

しかし、この2つのソフトをASCOMで制御することで、今度はオートガイドや自動導入がうまくいかなくなる事象が・・

アストロアーツのHPには既にこの事象のこととその対策が書かれています。ASCOM POTHを使うか、ASCOM temma driverを使えとのことです。

う~ん。確かに同じくタカハシの赤道儀を使っていらっしゃるMarkunさんは、ステラナビによる自動導入はうまくいかない・・とのことで、手動で対象を導入されていらっしゃるのですが、私みたいにメシエ天体撮影マラソン・・とか1晩に何対象も撮影する場合は、手動導入は厳しいのでなんとか自動導入をうまく作動させる必要がありました。


4.ASCOM Temma driverの使用

所属するFacebookの「デジタル天体写真」グループの方々に相談したところ、私と同じ環境(EM200 Temma 2M/QHY 5L-II)を使っている方から、ASCOM Temma driverを使ったら・・というアドバイスをいただきました。
やはり先人の教えを乞うというのは、問題解決までの時間が早まります。
皆さんご存知のことを惜しげもなく公開&説明いただき、本当に感謝です。

このアプリはfreeですが、英語版のみなのでよくわからないままインストールしました。
同じサイトに、丁寧な説明書があります。

かつ、日本語のブログにも解説してくださっているところもあって(ascom temma driverとかで検索すると出てきます。)、そちらを拝見すると何とか使えそうです。

PHDGuiding2の選択はこんな感じです。

Blog_2

赤丸がついているところをクリックすると設定画面が表示されます。

このDriverの便利なところは、PHDguiding2のMountとステラナビゲータの望遠鏡で使用することができます。望遠鏡のコントロールはすべてこのTemma Driverで制御できますので、ガイドカメラとTemmaをつなぐ6ピンのケーブルがいらなくなります。
(USBケーブルのみでOK) あのケーブルのアダプタ高かったのですが。。orz...まあこれも勉強代でしょうか。

Blog_3

さて私自身はあまり細かな設定はできていないのですが、使っているのは、
 ①Powerで12Vを選ぶ
 ②Mount TypeでTemma2Mを選ぶ
 ③Serial PortでTemma2Mと接続をする。
 ④望遠鏡を天頂に向け、Scope OrientationでEast/Westどちら側に望遠鏡があるかを選ぶ

以上です。Scope Saftyとか、Starbookでいうところの、子午線越えの設定にあたるものなのでしょうか・・
まあ子午線を超えてどこまで撮影を続けるかは、手動で対応するのでこのあたりはとくには触っておりません。

接続手順ですが、PHDguiding2(カメラ:QHY 5L-II、マウント:ASCOM Temma Takahashi)→ステライメージ(望遠鏡コントロール:ASCOM Temma Takahashi)としています。
これでなんとかオートガイドと自動導入をコントロールすることができました。


5.極軸あわせの精度向上

極軸合わせ精度の向上といえば、PoleMaster。
PoleMasterといえば、ガイド安定のための機材。。
というぐらいの認知度になっていますね。
こちらはQHY総代理店の天文ハウスTOMITAさんから発売されていますが、確か去年の10月にはいつもご一緒するNOBさんが、海外のリセーラーから購入されて使われてました。
ということで、最近の祭り?ムードに乗っかりさっそく導入をしてしまいました。

初めての極軸追い込み・・は、すでにご活用されていたNOBさん指導のもと、ご一緒した周りの皆さんの注目を浴びる中、実施しました。
他のBlogなのでもこのPoleMasterの使い方などはすでに紹介されていて、動画なんかもアップされていますが、とても使いやすいです。
極軸合わせ自体は、5分くらいでおわりました。そして極軸望遠鏡のみで合わせた天の北極がずれていたことがよくわかりました。(汗)

3月に入ってからPolamasterを使うようになり明らかにガイドが安定したとおもいます。
余談ですが。。ばっちり極軸もあわせ、大きなエラーがあまりないにもかかわらず、突然のガイド大幅エラー。。
なんて事象が生じたのですが、原因は赤道儀のロックがゆるゆる(DEC、RA双方のネジがです)ということがありました。
そりゃあガイド中に重さでちょっとずれる・・なんてことは普通におきますよね。

実際にガイドグラフは安定していても突然暴れることで星の形がいびつになる。。。
ガイドは波を打ちつつもガイドエラーは写真を見る限りあまりわからない。。
といったことが起きていました。
基本中の基本ができないとダメダメと思い知りました(泣)


6.ガイドグラフの乱れ(pixel)とガイドエラーの実態(考察)

現在ガイドカメラは、QHY5L-IIを使っていますが、センサーサイズは1/3inchと小さく、ガイド星のちょっとした揺らぎでもエラー補正がされることから、ガイドグラフが大きく波打つような印象があります。

Blog5_2

PHDguiding2からは、カメラのセンサーサイズやガイドスコープの焦点距離を入れると、ガイドエラーの幅をPixelからArcsecに変換して表示してくれる機能があります。
ちゃんと設定をしていないために、実際のガイドエラーの幅がどのくらいであったかがよくわからないのですが、過去に設定していたことからLogを見ると以下の式が成り立つことがわかりました。

 センサーサイズ=3.75ミクロンx3.75ミクロン
 ガイド鏡焦点距離=325mm

 PixelScale  2.38arcsec/Pixel (ガイドエラーのピクセル値)

某サイトにはこんな式がありました

 PixelScale= PixcelSize(mm)x206265 /Focal length

ということで、ばっちりあいますね。。

なので、このグラフにあるように
 RA平均  0.36 pixel
 dec平均 0.38 pixel
 Total  0.55 pixel

であれば、

 RA平均  0.85 arc sec
 dec平均 0.90 arc sec
 Total  1.39 arc sec

ということになります。2000mmで撮影するのにどのくらいが許容範囲なのか?
よくわかりません。ただDec方向はなんでこんなに波打つのかなぁと思います。
シーイングが影響して無駄な補正をしているような印象を受けました。

ちなみに、SXD2で使用しているWatecの910Hxは、
繊細サイズ=     8.4ミクロン(H)×9.8ミクロン(V)
とあり、数式によると

PixelScale=0.009 x 206265 / 325 =5,712 

となります。
つまり0.3Pixelのズレであっても、秒角は1.71arcsecとなり、かなりずれてしまうことがわかります。
PHDGuiding1のグラフでは、縦軸はPixelになっていると思いますので、焦点距離やガイドカメラのセンサーによって、そのずれがどのくらいの影響があるのかを試算してみる必要がありますね。

6つ目は非常に長くなりましたが・・・
結論 小さなセンサーのガイドカメラでオートガイドするときは、シーイングなどの影響を受けやすいことに加えて、pixelでみたズレは大きくなることから、
「ガイドグラフに一喜一憂しない!」それより、ちゃんと赤道儀はセットアップ、クランプが締めてありますか? が大事!です。

最後におまけですが・・・
なぜか突発的なガイドエラーが起きるのは、パソコンを動かしたとき(望遠鏡につないであるケーブル自体は動かず、USBハブがちょっと動く?)だったり、
モニターがoffになったあとに、パソコンが再びアクティブにした瞬間だったり・・と
ほんま? というタイミングに起きていました。 因果関係があるとは思えないのですが(笑)。今度検証してみます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年3月15日 (火)

メシエ天体110対象撮影完了!

3月の新月期は、ε130Dのファーストライトと共に、残ったメシエ天体を撮影することが大きな目標となっていました。
とりあえず? ε130Dでは北斗七星付近の二重性であるM40を撮影しましたので、残るは3対象となりました。

【M61/Face On Galaxy】

M61_05degree3

とても小さなFace Onの銀河です。2000mmでもフルサイズだと真ん中にポツンと
写るだけですね。今回は、DSSの2xDrizzleでスタックしました。
うーん。もうちょっとうまく処理できればよかったのですが、、
上下にはこれまた個性的な銀河が見えています。
何とか腕の様子が見えているようです。かなり荒れたのでぼかしましたが、、、
ぼかしすぎたでしょうか....

--
撮影データ
Optics:EdgeHD800  (f=2000mm/F=10.0)
Camera:EOS 6D SEO-SP4 ,ISO 6400
Exposure:180sec x 14
Process:DSS 2xDrizzle
Filter:N/A
Date:2016/3/5 @Konoyama


【M85/Lenticular Galaxy】

M85_05degree

かみのけ座にあるつかみどころのないレンズ銀河です。下にはNGC4394という小さな銀河があります。これはFaceOnなので中心部から延びる腕が確認できますね。
M84とならべてみても区別はできなさそうです(笑)。NGC4394がインパクトになってます。

撮影データ
--
Optics:EdgeHD800  (f=2000mm/F=10.0)
Camera:EOS 6D SEO-SP4 ,ISO 6400
Exposure:180sec x 17
Filter:N/A
Date:2016/3/5 @Konoyama



【M102/Lenticular Galaxy】

M102_x2_drizzle_x16_05degree

メシエ天体の最後は、M40やM91と並んで謎の天体?であるM102です。
この対象はカタログに載っている場所には確認できず、りゅう座にあるレンズ銀河NGC 5866という認識で撮影しました。
中心部には暗黒帯が何とか写ってくれてますね。雰囲気はM104をつぶしたような感じですが、如何せんこの銀河もかなりちっちゃいです。(汗)

撮影データ
--
Optics:EdgeHD800  (f=2000mm/F=10.0)
Camera:EOS 6D SEO-SP4 ,ISO 6400
Exposure:180sec x 16
Process:DSS 2xDrizzle
Filter:N/A
Date:2016/3/5 @Konoyama


【M104/Sonbrero galaxy】

M104_2xdrizzle_x25_b

おまけで・・
取り直したおとめ座のソンブレロ銀河です。
この対象は比較的写しやすいと思います。ソンブレロの形もよく見えています。
なんとなくカエルの口っぽいと感じるのは私だけでしょうか。

撮影データ
---
Optics:EdgeHD800  (f=2000mm/F=10.0)
Camera:EOS 6D SEO-SP4 ,ISO 6400
Exposure:180sec x 25
Process:DSS 2xDrizzle
Filter:N/A
Date:2016/3/5 @Konoyama

DSSの2xDrizzleの実力はいかに・・

【M104比較】

Img_7297

2年前の2月に撮影したM104と比較しました。
上のM104はKissX4<APS-C>で、今回分の下のM104は6D<フルサイズ>で撮影をしました。
鏡筒は同じですが、今回のほうが星のサイズも小さく、シャープに見えますね。
シーイングとか画像処理の違いからでしょうか・・
ちなみに上のM104露出は、ISO3200で300sec*3+450sec*2ですので、感度や露出時間は違いますが・・

シーイングの影響とかもあり、長時間の露光だとどうしてもガイドエラーやライトフレームがぼやけるのではないかと思っております。
銀河の詳細を移すには、デジカメの場合は、短時間かつISO感度を上げてたくさんの枚数を稼ぐほうがより詳細を映し出せるのではと思いました。
もちろんF値の小さい鏡筒をつかえればいいのでしょうが。


ということで、とりあえずこれでいったんメシエ天体 110対象を撮り終えることができました。shineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

一つの目標を達成ですね。
たださっそく取り直したい対象もたくさんありますが・・

こうやって一つ一つの対象のことを調べて勉強しながら撮影し、ブログにアップするのが楽しいです。
天体写真はもちろん綺麗な色合いとかアート的な要素を楽しむことができますね。
ただ、個人的には無限に広がる宇宙のはるかかなたの天体に思いをはせながら撮影し、画像処理をすることが楽しいです。

メシエさんがみた天体はどのような姿だったのだろう?とか、並んである銀河のこちらはメシエ天体なのに、こちらは見えなかったんだ! とか考えるのも楽しいです。
そして撮影の合間に、双眼鏡やどなたかのドブソニアンで球状星団や散開星団、そして難易度の高い銀河などもみることで幅が広がりますね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年3月11日 (金)

ε130Dのファーストライトは安定の神野山で

3月第1週の新月期は、あいにくの天気予報でした。
ただ何とか土曜日は晴れそう・・と直前の予報が好転したので、久しぶりに神野山に出かけました。

この日は、天文中年さんが不在でしたが、いつものMarkunさんに、グッチさん、NOBさん、ベアさん、シゲボンさんに、そしてしらびそいらいのたらちゃん!
ひさしぶりの、エクストレイルさん(すみません勝手に命名してます)や、EM200のFさん、以前大台ケ原でお目にかかった大マゼランさん小マゼランさんと大盛況でした。

皆さんとの再会を楽しむ間もなく、初めてのε130をSXD2にのせ、いまだにガイドが安定していないEdge800をEM200にのせて、2台体制の練習撮影スタートです。

いきなりQHY9を使うのはやめて、EOS KissX4での撮影です。
明るい空でかつ、かすんでいることもあるので、ISO1600で90秒露光を重ねることにしました。

【M13/Globular Cluster in Her】

M13_blog

北天最大級の球状星団です。まだ空が低いタイミングで撮影をしましたが、430mmとAPS-Cの組み合わせでとっても迫力がありますね。
そして憧れのキラリン十字スパイダーが入って嬉しいです(^u^)
大きな画像はこちら

--
撮影データ
Title:M13 /Globular Cluster in Hercules
Optics:Takahashi Epsilon 130D(f=430mm/F=3.3)
Camera:EOS KissX4 ISO1600
Exposure: 90sec x25
Date:2016/3/6 @Konoyama

画像処理をしたので光軸があっているのかどうか?この写真だけだとよくわかりません。shock
(星が処理過程で大きくなってしまっているので)
ということで、星像をみるために1枚ものライトフレームをチェック!

【M13 jpeg1枚もの】

M13

F3.3ということもありあっという間に飽和しそうです。背景がかなり明るかったので、レベル調整とカラーバランスだけ整えた画像です。
お恥ずかしながら、光軸があってるのか、あってないのか?この画像を見てもよくわかっておりません。そもそもピントの問題もありそうですが(汗)

お家に帰ってから、光軸をみたら少しずれているような感じでした。ただ、どのタイミングでずれたかわかりませんが・・

ただ、とても星像がシャープなのがわかります。FSQもそうですが、こちらのほうがさらに明るくシャープな気がしてきました。(気分的なモノ?)



【M83/The Souhern Pinwheel Galaxy・南の回転花火銀河】

M83_x47_2xdrizzleb

この時期は、430mmで狙う対象があまりないので、ちょうど南中直後の対象ということでM83を狙いました。
以前撮った時は、FSQで冷却CCDを使ったのですが、空が途中で曇り無理やりデジカメの画像を使って
仕上げて、そのまま放置気味にしていた対象です。
神野山の南から西にかけては、さそり座付近をとると色が出ないくらい明るい空で無謀なトライでしたが、安定したシーイングのおかげで銀河中心部はよく写ってくれたと思います。
大きめの系外銀河を狙うなら、εという選択肢もありますね。
それにしても、Facebookのグループでご教授いただいたDSSのDrizzleは、処理の新しい選択肢として重宝しております。

おおきな画像はこちら

--
撮影データ
Title:M83 /The Souhern Pinwheel Galaxy
Optics:Takahashi Epsilon 130D(f=430mm/F=3.3)
Camera:EOS KissX4 ISO1600
Exposure: 90sec x47
Process:DSS 2xDrizzle
Date:2016/3/6 @Konoyama



【M40/幻のメシエ天体】

M40b

そしてこちらはおまけ?のM40です。
メシエ天体撮影マラソンも後4つと完走間際です。
M40は中心付近にある2重星です。なぜこの対象がという感じですが、あまりにも撮り応えがないので、せめてもの十字スパイダーです。
オレンジの輝いている星は、北斗七星の真ん中にあたるδ星です。
3等星なのですが、こうやって見るとなかなかきれいですね。
お隣にちっちゃな銀河がうつってますね。ほかにもチラチラ銀河があります。
こちらも写野が広かったので、DSSで2xDrizzleです。

--
撮影データ
Title:M40
Optics:Takahashi Epsilon 130D(f=430mm/F=3.3)
Camera:EOS KissX4 ISO1600
Exposure: 90sec x11
Process:DSS 2xDrizzle
Date:2016/3/6 @Konoyama

さて、ファーストライトは無事?終了しました。
まだまだ手探りですが、頑張って撮影していきたいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年3月 8日 (火)

憧れのオレンジ鏡筒

3月に入って私の天体写真関連では、ニュースが目白押し?です。(o^^o)
第一弾は、オレンジの鏡筒キターーー!です。

以前FSQを買うときに迷って、納期や光軸調整への不安をあって諦めたε130Dを遂に手に入れました。
いつもご一緒するまわりの方もお持ちなので、初めて見たわけではないのですが、実際手にしてみると、ちっちゃくて可愛いですね。

【はじめてのオレンジ鏡筒 ε130D】

Img_7161_2

さっそくK-Astecの鏡筒バンドを取り付け、フードも自作することに・・

工作は大の苦手なうえに、鏡筒の形状からフードは難易度が高そうです。
対物側の上にある平らな部分は、2cmくらいしかなく、フードを巻き付けても安定感が悪くなりそうです。

ともあれフードづくりのベースは、以前FSQ-85ED用のフードを作ってプレゼントいただけた「たらちゃん」のブログにあるレシピを参考に同じ材料をそろえていきます。

フードの中にはめ込んでいくバッフルは、黒厚紙を使用します。
以前は塩ビ製のものを円形カッターで切って、艶消しの黒インクを塗ってましたが、黒ボール紙でも、それなりの強度もあり、段ボールにノリとかで固定もしやすくおすすめですね。

天気がすぐれない週末、製作日数1.5日で、超大作の完成です。

【自作フードとε130】

Img_7163_2

EdgeHD800用のフードは、撮影現地で皆さんの笑いものになるくらいのクオリティでしたから、奇跡が起きたくらいの違いがあります。(自画自賛の嵐)

横からの写真ですと、製作の最後に集中力が切れる中、張ったアルミテープの汚さが目立つので、上から見た写真もアップします。ちゃんとバッフル(もどき)も入っています。

【FSQ85用フードとε130用フード】

Img_7165

右にあるのが、FSQ用のフードです。
そして今回作ったのが大きいほうのε130用です。
ちゃんと段ボールをまいて、墨汁で色を付けてます。
鏡筒側は、黒いフェルト生地にしたので、鏡筒にフィットしつつも、取り外しや、取り付けがとてもスムーズです。 たらちゃんのアイディアそのままいただいただけですが。。

---

【初めての光軸調整】

そしてついに禁断?の光軸調整へ。。。

タカハシオリジナルのセンタリングアイピースとセンタリングチューブも購入しました。

KYOEIさんから届いたときは、ちゃんと光軸調整されていて、くるってはいなさそうでしたが、どうせ避けては通れない光軸調整です。ということで、いきなり副鏡、主鏡も触ってしまいました。

説明書とよっちゃんさんの動画を参考に、見よう見まねで触ってみます。

副鏡は手で回せて便利ですね。いまだほとんど調整をしたことがないEdge800は、プラスネジが必要です。
ただ押しネジと引きネジの扱いも初めてです。触っていくうちにどんどんと主鏡側に移動していってしまい、中心が徐々にずれていく羽目に・・・

冷静に考えれば、引きネジも押しネジも戻せばいいのですが、センターが取れなくなり、主鏡も触ってしまいついに訳が分からなくなった時点で、ハタと気づき、副鏡をもとの位置に戻すことができました。なんとかもとに近い形に戻すことができました。

そして皆さんご指摘の通り、副鏡の中心にある黒い点が見にくいですね。
なんとか調節し終わった(はず)ところで終了!



さてε光学系はかなりピントがシビア・・とのことですが、フォーカサーをどうするか?
ということで、調べていくとK-astecの電動フォーカサーは販売終了とのことでした。

ちなみに、FSQにつけているのですが、私自身が今一つ取扱いになれてなくて、うまく活用できていません。電動フォーカサーは設置がうまくいっていないためか、バックラッシュも思った以上にひどくて、ピント位置の数値はあてにならず結局その都度ピントを確認しております。
そんなこともあって、電動フォーカサーは販売終了とのことで、すぐに調達をあきらめました。
ピントノブの微動装置はまだつけておりませんが、まずはピントゲージだけでもということで、こちらを付けました。

【εのピントゲージ】

Img_7255

なんか、天体写真のハイアマチュアっぽくて、かっこいいですね(笑)

これで何とか準備が整いましたので、週末のファーストライトへ続きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »