« 春の銀河 長焦点は難しい。。 | トップページ | 憧れのオレンジ鏡筒 »

2016年2月21日 (日)

FSQ85 直焦点でのDSO for Messier Objects

限られたくらい夜でできる限りの作品を撮りたい・・ということもあり、最近は遠征をすると2台体制で撮影をする機会が増えています。

設営や後片付けが大変なのですが、ひと月に数日しか撮影できるチャンスがないことを考えると、つい欲張ってしまいます。

2月の熊野の遠征では、落ち着きがないEM200の隣で、すっかり慣れたSXD2を使ってFSQで春の銀河(広範囲)を放置モードで撮影していました。
メシエナンバーがつくだけで、8つと大漁です。

ところで、今回は初めてガイド鏡を軽量のものに変更しての撮影でした。
Kowaのf=100mm小型レンズWatec 910HXを、
Kastecの Q5L-100/75 GSS用フード・キャップ・リングセットにのせて、アルカスイスのアリガタアリミゾでFSQに取り付けます。

いつもは、Borg45ED(f=325mm)をガイド鏡に使っているのですが、今回はEdgeHD800用につかったため、小型化したガイド鏡で試しました。

100mmと1/2インチのセンサーということもあってか、アドバンスドユニットでのキャリブレーションでは、movement is too smallのエラーが出てなかなかキャリブレーションがおわりません。x4にしてなんとか終了しましたが、ガイド星の星像がかなりぼやっとしていて果たしてガイドできるのか・・という状況でした。

こちらの撮影セットは、そのまま放置でキャリブレーションも1度しかしなかったため?か、ガイドエラーが多発しておりました。orz...
2台体制も両方面倒を見るのはなかなか大変で、どうしても片方がおろそかになってしまいます。

とはいえ、一応処理したのでアップします。M天体番号の若い順にアップします。

【しし座のトリオ銀河 M65 M66 NGC3628】

M65_66_ngc3628_b

春の銀河の定番ですね。
去年は、EdgeHDxreducerの1400mmとQHY9で撮影したのでかなり窮屈でしたが、450mm+KissX4だと中心に小さく写ります。
もう少し焦点距離が長いといいのですが、800mm~1000mmのものは持っていなくてこんな感じになってしまいますね。

FSQで撮影したこともあってか、Edgeよりもシャープに写って、色もよく出ているようです。
銀河も無理しないでこんな感じでとってもいいんじゃないかと思えてきました。
もう少し大きく写るといいのですが。

--
Title:M65 M66 NGC3628
Optics:FSQ-85ED (f=450mm/F=5.3)
Camera:EOS KissX4 ISO3200
Exposure: 240sec x20
Date:2016/2/6 @Kumano



【M88 M91+M90】

M88_91b

こちらは、マルカリアンチェーンのはずれにある銀河です。
トリミングをしていないから、なおさら「ショボィ」写りですね。
それぞれを見ると、撮り応えがありそうな形をしていて、上にあるM88はグルグル渦巻がよく写ってくれそうです。
M91は謎の天体で、カタログに記載された位置には天体がなく長い間不明?だったそうですが、どうやらこのNGC4548であるというのが定説となっているようです。ちなみに一番下の中央に写っているNGC4571という説もあったようですね。

なんでこんな構図・・と思われるでしょうが、実は両方とも撮影したのは初めてなので、メシエ天体+2個ゲットです。(笑)
右下にM90が写ってます。ここに写るならもう少し構図を右にずらして縦位置にすればよかったかな。ともあれ、両方の銀河とも拡大してみるとなんとか形がわかるので、良しとしました。
3月時間があれば1個ずつデジカメで撮りたいですね。

---
Title:M88 M91
Optics:FSQ-85ED (f=450mm/F=5.3)
Camera:EOS KissX4 ISO3200
Exposure: 240sec x12
Date:2016/2/6 @Kumano



【もう一つのしし座のトリオ銀河 M95 M96 M105】

M95_96_105_b

しし座の前足寄りによるもう一つのトリオ銀河です。
上から、M95,M96で、下の3つの銀河団の中で大きくぼんやりと光っているのがM105です。
M95やM96はなかなか特徴的な形をしていて面白いです。

ただ、しし座のトリオと違ってこちらがわは、あまり色合いがなくて地味な印象です。
まあもう少し焦点距離を長くしないと、銀河の詳細は見えてこないですね。

--
Title:M95 M96 M105
Optics:FSQ-85ED (f=450mm/F=5.3)
Camera:EOS KissX4 ISO3200
Exposure: 240sec x8
Date:2016/2/6 @Kumano


【M106,NGC4210】

M106_b

最後はりょうけん座にある大型の渦巻銀河 M106です。
この対象が一番大きいです。
M106銀河群と呼ばれるだけあって、周りにはいろいろな銀河がたくさん写ってます。
特に唇みたいな形をしたNGC4217は特徴的ですね。
これまた横位置にしてみてもよかったかなと思える銀河の分布でした。

--
Title:M106 NGC4210
Optics:FSQ-85ED (f=450mm/F=5.3)
Camera:EOS KissX4 ISO3200
Exposure: 240sec x16
Date:2016/2/6 @Kumano

ということで、ガイドエラーを無理やり補正したりしてましたが、もっとちゃんと撮影しておけばよかったと後悔です。

そして最後は、早撮りのさそりを・・・

【M4とアンタレス】

M4_antares_b

色情報が増えるとすぐにファイルサイズが大きくなり、1M制限では窮屈なファイルしかアップロードできません。大きなファイルはこちらへ。

薄明までの1時間を使って、登ってきたさそりを撮影しました。
とはいえ、450mmでしたので、メインはちゃんと撮影できていなかったM4です。
お隣のアンタレス付近と上にある赤い散光星雲も構図内に収めてます。

輝星にはハロが出ちゃってますね。そして中心を外しているあたりが微妙です。
さて今季は、フルサイズでさそりを撮りたいのですがどんな写りになるやら。。

--
Title:M4
Optics:FSQ-85ED (f=450mm/F=5.3)
Camera:EOS KissX4 ISO3200
Exposure: 240sec x8 ,60sec x 5
Date:2016/2/6 @Kumano

ということで、メシエ天体はちびっこのM88、M91を加えて106対象となりました。

残る4つは、M91と同様に謎の天体?といわれている
 M40
 M102
と、春の銀河密集からやや離れたところにある
 M61
 M85

です。次回遠征には取れそうかなぁ。

|

« 春の銀河 長焦点は難しい。。 | トップページ | 憧れのオレンジ鏡筒 »

コメント

ご無沙汰してました。
>メシエ天体はちびっこのM88、M91を加えて106対象となりました。
素晴らしいご活躍です。
赤道儀2台体制、オヤジには10年早い感じです。
何時も、何かしらのトラブルの洗礼を受け続けてます。(汗)
内容を理解してないからだと思いますが。(笑)

メシエ完全制覇は、秒読みになりましたね、楽しみにしてます。

投稿: オヤジ | 2016年2月23日 (火) 07時05分

オヤジさん

コメントありがとうございます。
ブログにはあまり書いてない(恥ずかしい?)のですが、実はEM200とQHY5iiLとPHD2やMaximDLでオートガイドをやっているのですが、トラブル続きでガイドが乱れまくり(汗)なんです。
SXD2とAdvancedUnit、Watec910HXの方は、600mmくらいまでは風が強くなければ安定しているのですが・・
どうしてもSXD2だと長焦点がガイドずれが起きるのでEM200を導入したのですがいまだばちっと決まったことはありません。
ブログを拝見していると着々と成功されていらっしゃるようですので、是非教えていただきたいくらいです。。

投稿: くろ | 2016年2月23日 (火) 22時49分

くろさん
獅子トリオ、星と星雲の色が出ていて素敵です。
メシエ天体カタログも残すところ後4個とは素晴らしすぎます。
私などはくろさんに離され過ぎて戦意喪失です。(笑)

私の撮影対象はどうしても銀河や球状星団、惑星状星雲に
目が行きがちなので、メシエアルバムはポチポチと進めようかと思ってます。

投稿: 天文中年 | 2016年2月24日 (水) 06時05分

>是非教えていただきたいくらいです。
そうだったんだですか、それは、可成りな投資されているのにお困りですね。
タカハシは、全てお高く手が出ませんが、唯一、FS-60CBのチビ鏡筒は持ってます。
そんな訳で、天体観測オヤジ2年目ですが、コメント出来ることがあり、、、、ん。(笑)
オヤジもSXP+Watec910HXでは、安定してガイド出来ています。
架台をロスマンディー規格にして取り付けを丈夫にしましたが、それが要因かは?ですが、EdgeHD800で10分位は、拡大して見ても星は丸いです。(オヤジの眼が三角なもので:(爆))
それより、星の写真が全然取れず、くろさんのアルバムを何時も拝見し(涎)垂らしてますよ。
反動で、機器の収集に明け暮れてます。(汗)

投稿: オヤジ | 2016年2月24日 (水) 11時19分

天文中年さん

メシエ天体是非引き続き撮影してください。
私も1周回ったら、もっといい写真を取り直したいものがたくさんあります。
銀河・球状星団・惑星状星雲をとっていくとかなりメシエ天体が撮影できそうですね~。

投稿: くろ | 2016年2月25日 (木) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125721/63245811

この記事へのトラックバック一覧です: FSQ85 直焦点でのDSO for Messier Objects:

« 春の銀河 長焦点は難しい。。 | トップページ | 憧れのオレンジ鏡筒 »