« 冬の散開星団 Vol.2 ~ M48,M50,M93 | トップページ | Messier's open clusters in winter sky »

2016年1月 1日 (金)

冬の散開星団 Vol.3 ~ M44,M67とCatalina

みなさま 新年あけましておめでとうございます。
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

昨年末とった散開星団とカタリナ彗星をアップします。
年内にアップしようと思っていたのですが、気が付けば年を越してました(汗)

12月最後の遠征は、御杖高原です。夜半過ぎまで大きな上弦の月が、あるにもかかわらず、御杖にはMarkunさん、天文中年さん、ぐっちさん、kkzakさん、ベアさん、そして1年ぶりにおめにかかったよっちゃんさんと多くの方がいらっしゃってました。
久しぶりの快晴で空を楽しむコトができました。風はないのですが気温はマイナス4度とありとあらゆるものが凍り付いていました。

最初はいま旬?のカタリナ彗星です。

【Catalina C/2013 US10 20151221】

Catarina20151220_x32

当初の予報ほど明るくはなっていないとのことですが、多分5等級くらいにはなっていたかと思います。双眼鏡でも核が、もやっとみえていました。
処理をしてみると、フルサイズの端から端まで尾が伸びていて、どうやら入りきらなかったようですね。随分と長い尾をみることができました。

--
Optics:FSQ-85ED x QE0.73(f=328mm/F=3.8)
Camera:EOS 6D SEO-SP4,ISO4000
Exposure:60sec * 32
Date:2015/12/21@Mitsue

ちなみに、前日撮影分は、曇られてしまいわずかに晴れた隙間を狙って20秒ノータッチガイドで、雲が流れるコマをむりやり10枚重ねて見ました。

【Catalina C/2013 US10 20151220】

Catarina_20141219

背景がムラムラで、構図も微妙な位置ですね。これのおかげで翌日は構図を決めることができました。

--
Optics:FSQ-85ED x QE0.73(f=328mm/F=3.8)
Camera:EOS 6D SEO-SP4,ISO4000
Exposure:20sec * 10
Date:2015/12/20@Mitsue



【M44 / Beehive Cluster in Cnc/プレセペ星団】

M44_x2_x16_b

冬の天の川からやや離れたところにあるかに座の散開星団は、このM44/プレセペ星団とM67の2つです。
プレセペ星団はかに座の甲羅部分の四角形の中にある明るい散開星団です。
もちろん肉眼でも確認ができて、M45/プレアデス星団と共に冬の散開星団代表ですね。

2つの星団とも同じくらいの年齢(7億年)らしいのですが、こちらはすばるみたいに青い星だけではなく、オレンジや赤い星もみえていますね。

--
Optics:FSQ-85ED x QE0.73(f=328mm/F=3.8)
Camera:EOS KissX2 SEO-SP3,HEUIB-II ,ISO1600
Exposure:120sec * 16
Date:2015/12/20@Mitsue


【M67 / Open Cluster in Cnc 】

M67_x16x2_b

かに座にあるもう一つの散開星団ですが、こちらはこじんまりとした感じです。
同じ光学系でとっておりますので大きさの違いは一目瞭然です。
この散開星団は、太陽と同じくらいの年齢で散開星団の中では古株?らしいです。そして研究対象としても有名だとか・・・。
中々見る機会がないのですが、ちゃんと見ておきたいですね。

--
Optics:FSQ-85ED x QE0.73(f=328mm/F=3.8)
Camera:EOS KissX2 SEO-SP3,HEUIB-II ,ISO1600
Exposure:120sec * 16
Date:2015/12/20@Mitsue

3回にわたって、冬の銀河に沿って散開星団を制覇することができました。
これでメシエ天体の散開星団の1回目の撮影ミッションはコンプリートです!
やった~!

|

« 冬の散開星団 Vol.2 ~ M48,M50,M93 | トップページ | Messier's open clusters in winter sky »

コメント

新年明けましておめでとうございます。
今年も、遠征等色々と宜しく御願いいたします。

カタリナ彗星、素晴らしいですね。
今年は去年のように満月期快晴、新月期曇りのローテーションを崩して欲しいですね。

また、遠征宜しく御願いいたします。
そして、今年はQHY9について色々とご教授御願いすると
思いますので、そちらも宜しく御願いいたします。

投稿: 天文中年 | 2016年1月 1日 (金) 04時48分

あけましておめでとうございます。
素晴らしい カタリナ彗星ですね。
こんなに長い尾がどうやったら撮影できるのか驚愕です。
ISO4000, 32*60sですか... 素晴らしい。

投稿: けむけむ | 2016年1月 1日 (金) 06時39分

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。
カタリナ彗星は、2週間前にフジノン15㎝双眼鏡で
見たところ、ダストテイルの付け根の部分が確認出来ました。

投稿: 山本 | 2016年1月 1日 (金) 12時13分

天文中年さん

新年あけましておめでとうございます。昨年はいろいろな遠征にご一緒できて楽しかったです。
QHY9ですね。冷却CCDの世界へようこそ!
これまでとは違った写真になると思います。
来週晴れるといいですね。

投稿: くろ | 2016年1月 2日 (土) 12時13分

けむけむさん

コメントありがとうございます。
今回はいい空で薄明が始まる前に取れたのと、核基準でのオーガイドと画像処理で加算平均σクリッピングすることで、恒星が小さくなったのでレベル補正などの強調処理によって淡い部分がよく見えるようになりました。
実は77枚撮影していたのですが、ステライメージだと40枚くらいしかコンポジットできない(メモリー不足)のが心残りですが。。
どうぞ今年もよろしくお願いします。

投稿: くろ | 2016年1月 2日 (土) 12時39分

山本さん

どうぞ今年もよろしくお願いします。
彗星は肉眼でも場所が確認できて、双眼鏡だと書くのもやっとした姿が確認できました。
年明け後は春の銀河団の中を通り抜けていくみたいなので機会が合えば是非とりたいです。

投稿: くろ | 2016年1月 2日 (土) 12時41分

catalina彗星、凄いテールですね。!!!
ネットを徊しましたが、このcatalina彗星が一番です。
ニワトリでは、ラブジョイ彗星と同じで緑っぽく見えるのですが、尾は無いです。(笑)
今年も、よろしくお願いします。

投稿: オヤジ | 2016年1月 2日 (土) 18時02分

オヤジさん

コメントありがとうございます。
この日は暗いところで撮影したおかげで尾がよく写ってくれました。
このあとイオンテールはかなり短くなったみたいですね。これから系外銀河の中を抜けていくので1/16の地球最接近にむけて尾が明るくなるといいですね。

投稿: くろ | 2016年1月 3日 (日) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の散開星団 Vol.3 ~ M44,M67とCatalina:

« 冬の散開星団 Vol.2 ~ M48,M50,M93 | トップページ | Messier's open clusters in winter sky »