« 冬の散開星団 Vol.1 ~ M35,M41,M46,M47 | トップページ | 冬の散開星団 Vol.3 ~ M44,M67とCatalina »

2015年12月29日 (火)

冬の散開星団 Vol.2 ~ M48,M50,M93

すっかりblogの更新が滞っておりました。

12月第1週目に撮影した冬の散開星団の続きをアップします。
前回同様これらもFSQ85EDとEOS6D、Borg71FLとKissX4のダブルで撮影していました。だんだんと視野の小さな散開星団に突入するにつれ、フルサイズの6Dで撮影したものは、何の写真かわからないくらいちっちゃく写ってしまってました。

どうもFSQと6Dの組み合わせだと、周辺の星像が円形に広がっていて美しくありません。スケアリング調整とかはできていないのですが、片ボケというよりは四方八方がそのようになっているので、こんなものなのかとも思っております。
その点、Borg71FLと1.08フラットナーの組み合わせですと四方まで比較的綺麗に写ります。
Reducerとの相性は最悪(汗)ですが、このフラットナーとの相性は良くて、暗い空ですと散開星雲の淡いところとかもよく写ってくれます。F値が6.1と暗いのが少し残念ですが。。

とうことでアップするのは、KissX4で撮影したものにします。

【M48 / Open Cluster in Hydra】

M48_x9_x4b_2

全天で最も領域が広いうみへび座の端っこに位置するM48です。
こいぬ座のプロキオンから探したほうが見つけやすそうですね。
残念ながらまだちゃんと双眼鏡とかでは見れておりません。
写真に撮るよりは、見たほうがいい対象ですね。

--
Title:M48 / Open Cluster in Hydra
Optics:Borg71FL x 1.08 Flatner (f=432mm/F=6.1)
Camera:EOS KissX4 新改造,ISO3200
Exposure:120sec * 9
Date:2015/12/04@Konoyama


【M50 / Open Cluster in Mon /Borg71FL_KissX4】

M50_x8_x4b

次は、いっかくじゅう座にあるM50です。この南には、おおいぬ座のかもめ星雲とかがあるとても賑やかなエリアです。
星団にはオレンジ色の明るい星も交じっていてきれいですね。

--
Title:M50 / Open Cluster in Monoceros
Optics:Borg71FL x 1.08 Flatner (f=432mm/F=6.1)
Camera:EOS KissX4 新改造,ISO3200
Exposure:120sec * 8
Date:2015/12/04@Konoyama


【M50 / Open Cluster in Mon /FSQ85ED_6D】

M50_x15_6d_b

こちらはせっかくなので、広い視野のものも
周りにはHαの散光星雲が漂っているのがかすかにわかります。
もともと8MB近いファイルを1Mより小さくするので、星が四角いですね(汗)

--
Title:M50 / Open Cluster in Monoceros
Optics:FSQ-85ED (f=450mm/F=5.3)
Camera:EOS 6D SEO-SP4,ISO3200
Exposure:90sec * 15
Date:2015/12/04@Konoyama

【M93 / Open Cluster in Pupis】

M93_x5_x4b

最後は、とも座のM93です。
北側にあるM46,47が有名ですがとも座にはもう一つの散開星団が
あります。
こちらは明るめの星がギュッと集まっているので、双眼鏡でのぞくと確かに彗星の核のように見えるかもしれません。
これもちゃんと見ておくべき星団ですね。

--
Title:M93 / Open Cluster in Pupis
Optics:Borg71FL x 1.08 Flatner (f=432mm/F=6.1)
Camera:EOS KissX4 新改造,ISO3200
Exposure:120sec * 5
Date:2015/12/04@Konoyama

今回は神野山で冬の散開星団を7つおさめることができました。
もっと暗い空でCCDを使えば周りの分子雲とかも出てくるのかもしれませんが、
これでメシエカタログにもたくさん追加できるので良かったです。

|

« 冬の散開星団 Vol.1 ~ M35,M41,M46,M47 | トップページ | 冬の散開星団 Vol.3 ~ M44,M67とCatalina »

コメント

メシエカタログ、しばらく振りに拝見しましたら83!
どれも素敵ですね。
写真だけじゃなく、撮影されたデータも、凄く参考になります。
今年も、コメントいただきありがとうございました。
良い年をお迎えください。
こちら、風邪っぴきで、機材はアクビして、オヤジ寝正月に成りそうです。(@_@;)

投稿: オヤジ | 2015年12月29日 (火) 02時34分

くろさん

メシエカタログ順調ですね。
もう100個くらいになってそうですね。
年末最後の御杖高原遠征は久しぶりの快晴でよかったですね。

FSQ85EDとレデューサーQE0.73×はFSQ85EDとの組み合わせは、ギリギリフルサイズの仕様、タカハシのサイトでもフルサイズ周辺は星像肥大するとのコメントありますから
写野四隅全体に均一に同じような星像のゆがみであれば
カメラのスケアリングは問題ないです。
まあ、44mmイメージサークル周辺で30ミクロンの仕様ですから、それ程シビアでないと思いますので、精神衛生上は
よいかもですね。

来年は今年の秋からの天候不順の分も取り返したいところですね。
来年も宜しく御願いいたします。

投稿: 天文中年 | 2015年12月29日 (火) 06時25分

お久しぶりです。
しばらくご無沙汰している間に、機材がさらに強化…というか、
すっかり財布の口が壊れてしまったようですね(褒め言葉
どんな作品が量産されてくるのか楽しみです。

散開星団は「撮るだけ」なら簡単なんですが、
見栄えよく撮影するのがなかなか難しいですよね。
星の色が飛びがちですし…。

先日、こちらでもソフトフィルター併用で星の色を
鮮やかに出せないか実験してみたのですが、手元の
ものでは効果が強すぎてイマイチでした。
焦点距離によって使い分けが必要なようで、
今、効果が弱めのものを物色中です。
これでうまくいくといいのですけど。

こうなると、放っておいても光条が出て華やかになる
ニュートン反射が羨ましいところで、いっそレンズの前に
十字のマスクでも置いてみようかとも思っています。

投稿: HIROPON | 2015年12月29日 (火) 18時45分

おやじさん
ブログをご覧いただきありがとうございます。
このさき春の銀河団があるので、どこまでできるか?わからないですが、頑張って更新していきたいです。
年始あけの3連休は晴れるといいですね〜。寒くても遠征しまーす。

投稿: くろ | 2015年12月30日 (水) 08時37分

天文中年さん

今年は大変お世話になりました。
確かなスケアリン出ない問題かなぁと思います。
私も106にしておけばと思いつつ、未だ戻らない天文中年さんのとこを考えると、微妙ですね。
来年もよろしくお願いします。

投稿: くろ | 2015年12月30日 (水) 08時39分

HIROPONさん

ご指摘の通り、ガマ口が壊れておりますね〜。
苦手?だったPHDを使うこととなり、翻訳されたマニュアルをフルに活用させていただいております。
ありがとうございます。
そして私もスパイダーの光条が欲しいと思いつつ、またガマ口を壊すわけにいかないので、自粛してます。

投稿: くろ | 2015年12月30日 (水) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の散開星団 Vol.2 ~ M48,M50,M93:

« 冬の散開星団 Vol.1 ~ M35,M41,M46,M47 | トップページ | 冬の散開星団 Vol.3 ~ M44,M67とCatalina »