« M15-M2-M30 南中トリオ+α | トップページ | しらびそ高原 遠征記(Day2) »

2015年9月28日 (月)

しらびそ高原 遠征記(Day1)

恒例?となっている、しらびそ高原での西・東天体写真ファンの集いに今年初めて参加しました。
星見屋さん憧れの土地ということで、一度は行ってみたかったところです。
いつものみなさんは金曜日の朝から移動・・とのことですが、私は午後お休みをいただきつつ事情により出発は17時ころ。途中で休憩をとりながら真っ暗な中ようやく21時に到着。。知らない土地を夜に走るのはちょっと怖いですがなんとか無事到着できました。
ハイランドしらびそさんにチェックインをして、バタバタと撮影場所であるクレーター跡を目指します。

既に現地には、たらちゃん、天文中年さん、ぐっちさん、しゃーまんさんが撮影をされていて、NOBさんやベアさんもいらっしゃっていたのでしょうか。。皆様に誘導をしていただきなんとか車をとめて撮影準備に差し掛かりました。
真っ暗な中のセットアップということもあり、準備に1時間半くらいかかってしまい(汗)夜半前にようやく撮影を開始しました。

この日のしらびそは水が滴るくらいの湿気で、空には雲が時折通りあまり良いコンディションではありませんでしたが、多少の雲にはお構いなしで撮影を続けました。
結局撮影できたのは、今年初の北アメリカペリカン星雲と、シーズン到来のすばるでした。



【NorthAmerica nebula/NGC7000 and Pelican nebula/IC5067】

Ngc7000_b2

うーん。なんかあまりパッとしないのですねぇ。途中で雲が通ったからでしょうか。
とはいえ自分の中ではベストショット?だと思います。

Blogのファイルは1MB(いまどき小さい)という制限があるので、アップした画像はかなり圧縮されてしまっております。

ただこの作品は、どれをみても、なぜか美しい~というより、パンチパーマのおばちゃんに怒られるペリカン君にしか見えないのがよくないですね(笑)

ちなみに先日星もとに参加した時にまたまた雲の中で撮影したHαをR領域の強調レイアマスクとして使用しております。
Lに合成してもよかったのかもしれませんが、すこし写した領域がずれていたので(汗)
やはりこの領域は赤色が多いことがよくわかりました。

デジカメで撮影したものもあるので、あとでカラーアシストで合成てみようかとも思っていたのですが、焦点距離がやや長く写っている領域が狭くなってしまうので合成はしておりません。それだけを処理してみて、比較しても面白そうですね。

この対象ってどんな赤色なのか? 色彩を少し調整すると雰囲気が変わります。
リファレンスを探してみるものの、いろいろな作品があり難しいです。

撮影データ
--
Opt:FSQ-85ED x QE0.73<f=328mm/F=3.8>,
Camera:QHY9,Astrodon Tru-Balance
Exposure: L:300secx8<1x1>,
 R:240sec*2<2x2>,G:240sec*2<2x2>,B:240sec*2<2x2> 2015/09/13 @Shirabiso
 Hα:300secx8<1x1>  2015/09/21 @Rurikei



【M45/Pleiades 】

M45_b

この日のもう一つの対象は、冬の天体の代表選手でもあるM45 すばるです。
北ペリの赤色領域とはうって変わり、青く白く輝く領域が美しいです。ここはたくさんの星が生まれていまるところですね。

さてさて、こちらを撮影しているときは、雲がかなり流れていて中断を余儀なくされる状況でした。お隣で撮影したデジカメの作品を背景のRGBとして使っています。
デジカメとCCDでのダブル撮影ですが、短時間で多くの枚数を重ねられるので、効果的だと思います。
やはり暗い空ですので、周りの分子雲も写ってくれました。
BORG71FLですが、1.08のフラットナーをつけるとF6.1と少し暗めですが、HEUIB-iiフィルターをつけてとると色も自然な感じでRやBが肥大化せずよく写ってくれました。
(輝星以外のRGBの情報として使っています。)

撮影データ
--
Opt:FSQ-85ED x QE0.73<f=328mm/F=3.8>,
Camera:QHY9,Astrodon Tru-Balance
Exposure: L:300secx8,R:240sec*2<2x2>,G:240sec*2<2x2>,B:240sec*4<2x2>

Opt:BORG71FL x 1.08 flatner <f=432mm/F=6.1>,
Camera:Kiss X4 SEO-SP3,HEUIB-ii
Exposure:ISO 3200, 300secx16

2015/09/12 @Shirabiso



それにしてもすごい湿気と水蒸気で、時折雲が通過していく(あたりが真っ白になります)様子が夜でもわかり流石標高2000mの世界は違うなぁと関心をしておりました。
ただ機材が結露(というか水滴)で、かなり大変なことになっていました。
三脚と赤道儀のみ置いたままで、たらちゃんにお借りした自転車用のレインコートをグルグルにまいて、そのままハイランドしらびそへ戻りました。
昨夜チェックインしていたので、朝一番にお風呂で暖まった後、おいしい朝食をいただきそのままお布団でおやすみなさい~!

2日目へ続く。。。

|

« M15-M2-M30 南中トリオ+α | トップページ | しらびそ高原 遠征記(Day2) »

コメント

しらびそ遠征、お疲れ様でした。
M45良いですね〜。
私は二台共M45撮影したのですが、両方共結露で
殆ど全滅してしまいました💦

M45はこれからシーズンですからリベンジしたいと思います。
次回の新月期は体育の日前ですね〜
三連休なので、土曜日に遠征予定です。
晴れて風が無ければ大台、大台が風が強そうなら
曽爾、前日雨で結露が発生する可能性があれば、
安定の神野山、GPV次第ではハチ高原も有りかなぁ。
また、遠征よろしくお願いします。

投稿: 天文中年 | 2015年9月28日 (月) 10時31分

天文中年さん

しらびそお疲れ様でした。そしてすごい結露でしたね。。これまでの中で最強の湿度であったことは間違いなしでした(100%?)
撮りたい対象がこれからいっぱい出てきそうですね。2台体制羨ましいです。ずっと天気が今一つですので、月のない日にもスカッと晴れてほしいです。

投稿: くろ | 2015年9月28日 (月) 23時30分

こんばんは、くろさん、
しらびそ高原って言ったら、標高2000mある所でしたね。栃木県にも奥日光でその標高に達する所がありますが、星の輝きが1000m級とは違いますね。
関東の奥日光なので南は光害の影響は避けられませんが、行った事はありませんがしらびそ高原と言ったら、天体写真ファンの間では聖地と呼ばれるだけに真っ暗で素晴らしい星空なんでしょう。
もう少し近ければ行ってみたいです。これからの季節紅葉もありますし。今回紅葉はまだ早かったですか?

投稿: 山本 | 2015年9月30日 (水) 00時57分

山本さん

こんばんは。しらびそはまさに聖地?なのでしょうね。高い標高は天体写真にとっては重要な要素となりそうです。ただ私が行ったときは雲も多く、地上の光が雲に反射して空が明るかったので少し残念でした。(一緒に参加したメンバーも大台ケ原のほうが暗いかも・・といってましたので)
大台ケ原が北の空が明るいのに対して、しらびそは全体に暗い空みたいです。日光とかでもいいところがありそうですね。
いずこもなかなか遠いので訪れる時は晴れてくれたらうれしいですね。

投稿: くろ | 2015年10月 1日 (木) 02時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125721/62367033

この記事へのトラックバック一覧です: しらびそ高原 遠征記(Day1):

« M15-M2-M30 南中トリオ+α | トップページ | しらびそ高原 遠征記(Day2) »