« メシエメラソン 散開星団編 その3(完結編) | トップページ | いて座の7つの球状星団 »

2015年8月29日 (土)

夏の天の川三昧!?

メシエ天体撮影マラソンを絶賛開催中ですが、先日ゲットした改造6DとSWATで天の川付近を幾つか撮影しました。
撮影は御杖高原と西表島で行いました。
西表島はやはりさそり座が高い位置に見えますね。真っ暗な大地が星明かりで照らされている風景を目の当たりにして、ニュージーランドのクイーンズタウンを思い出しました。

レンズは、20mm、50mm廉価版レンズ、100mmマクロで、APS-Cとは違ったフルサイズの威力と難しさを感じました。

まずは20mmの天の川から。

【Center of the milky way】

2b_3

どうしても水平方向の天の川を撮ってみたかったので・・・
さすがフルサイズ。定番のさそり座、いて座ではかなり広い範囲で写ってくれます。

---
Opt:Canon EF 20mm F2.8 USM <f=20mm/F=4> ,
Camera:EOS 6D SEO-SP4 ,ISO 2500 ,60sec x 16
Date:2015/07/21 , @Mitsue



次は天の川を北上し、夏の大三角形から眺めます。

【the summer triangle and the milky way】

2b_4

白鳥座のDeneb、sadr付近は赤いですね。
バンビの横顔がちょっと顔を出してます。構図はもうちょっと下(南)でもよかったですね。

---
Opt:Canon EF 20mm F2.8 USM <f=20mm/F=4> ,
Camera:EOS 6D SEO-SP4 ,ISO 2500 ,60sec x 16
Date:2015/07/21 , @Mitsue


こちらは西表島のトゥドゥマリの浜からみた天の川

【the milky way seen from Tudumari-no-hama,Iriomote】

Softb

星の形を強調するためにソフトフィルターも使い面白い作品が取れました。
ソフトフィルターのものと、普通のフィルターのモノを組み合わせるといい写真が
できそうですね。

---
Opt:Canon EF 20mm F2.8 USM <f=20mm/F=3.2> ,
Camera:EOS 6D SEO-SP4 ,ISO 2500 ,60sec x 4
Filter:MC PRO Softon(A)
Date:2015/08/13 , @Iriomote



夏の大三角形付近を大きく流れたペルセウス座流星群の流れ星です。

【the milky way and shooting star】

B_2

---
Opt:Canon EF 20mm F2.8 USM <f=20mm/F=3.5> ,
Camera:EOS 6D SEO-SP4 ,ISO 2500 ,60sec x 4
Date:2015/08/13 , @Iriomote Island

西表島は天の川が本当に濃いです。
大台ケ原も素晴らしいですが、やはりこちらの空のほうが銀河がそこにあると思えるくらい星と一体になれます。


広角で天の川をいくつかとりましたが、構図がダメためですね(汗)
どうも景色をうまく入れるのが苦手で、かつ、星野写真も東西南北を無視した構図が(爆)
星景写真は明るいうちの下調べが必須ですね。 sweat01



次は、50mmで夏の代表星座をパシャり

いて座付近
【Sagittarius】

B_3

この辺りの天の川とたくさんの散光星雲は見事ですね。
よくよく調べるといて座はもっと左側に張り出しているようで、全景は入っておりません。(汗)
周辺の星像はかまぼこみたいになってますが、まあ1万円のレンズでこれだけ取れたら良しとしなきゃ。

---
Opt:Canon EF 50mm F1.8 USM <f=50mm/F=3.2> ,
Camera:EOS 6D SEO-SP4 ,ISO 2000 ,60sec x 15
Date:2015/07/21 , @Mitsue



サソリ座付近
【Scorpius】

B_4

サソリ座は、全景を入れるために構図を傾けてます(汗)(汗)
背景にむらがあったためか微妙な仕上がりになってますね。

---
Opt:Canon EF 50mm F1.8 USM <f=50mm/F=3.2> ,
Camera:EOS 6D SEO-SP4 ,ISO 2000 ,60sec x 15
Date:2015/07/21 , @Mitsue



そして最後は、100mmでメインどころを!

【StarCloud with M25 ~南斗六星】

B_5

このマクロレンズはよく写りますね。
フルサイズをつけても周辺部分が綺麗に写ってくれました。

---
Opt:Canon EF 100mm F2.8 USM <f=100mm/F=3.5> ,
Camera:EOS 6D SEO-SP4 ,ISO 2500 ,60sec x 16
Date:2015/07/21 , @Mitsue


もう一つは白鳥座の赤い領域、デネブ・サドル付近です。

【Deneb and Sadr】

Deneb_sadr_ps_b

北アメリカ星雲・ペリカン星雲とサドルに広がるNGC6910が見えています。
目を凝らすと三日月星雲も。そして網状星雲は構図からはみ出してます(大汗)
もう少し左下に構図を振ったらばっちりでしたね。

やはり撮影前に準備しておいたらよかったです(棒読み)
それにしても、この領域をBabyQ(RD)とQHY9でとろうと思ったらいったい何枚モザイクになるのかしらん。

---
Opt:Canon EF 100mm F2.8 USM <f=100mm/F=3.5> ,
Camera:EOS 6D SEO-SP4 ,ISO 2500 ,60sec x 16
Date:2015/07/21 , @Mitsue

広角から標準(中距離)まで、天の川を堪能することができました。
1枚1枚を見るとバックグランドの輝度や色合いが異なるのはご愛嬌ということで・・・

いやぁ~貯めに貯めた画像処理とブログ更新。
大量すぎて訳が分からないですね。

|

« メシエメラソン 散開星団編 その3(完結編) | トップページ | いて座の7つの球状星団 »

コメント

ご無沙汰いたしております。

夏の夜空を堪能させていただきました。
6Dは天体向きなのでしょうか?よく写りますね。
私も1台・・・なんて、到底無理ですけどね。
でもフルサイズにするとレンズの性能が如実に出てしまいますね。
それにしても今年も天候不順ななか、沢山収穫があったのではないでしょうか。
私はペル撃沈の写真を動画にして遊んだくらいです。

投稿: ryojin | 2015年8月29日 (土) 18時43分

石垣島&西表島、とても素晴らしいですね。

やはり日本の南端だと本土よりも暗い空で羨ましいです。
多分、私が昨年見た、ハワイ島マウナケアでの星空と
変わらない星空がここには在るのですね。

来年はもう一度ハワイ島に行って、私もこんな写真が撮りたいです。
前回のハワイ島はちゃちいナノトラッカーでの撮影でイマイチでしたが、今度はCD-1で対角線魚眼から90mmマクロくらいで撮りたいと画策中です。(笑)
CD-1は強度的には耐荷重5キロですが、ウオームの精度が
あまりよくないので、90ミリ程度が限度ですが、、
その点、SWAT200だとボーグFL71位だとノータッチガイド
出来そうなので、くろさんの場合は海外遠征とかでの選択肢が多そうで羨ましいです。

今度はしらびそ高原遠征ですね。
その時にチャレンジして見られたら如何でしょうか。
SWAT200なら2台体制も手軽ですしね。

また、遠征地で宜しく御願いいたします。

投稿: 天文中年 | 2015年8月30日 (日) 05時09分

ryojinさん

コメントありがとうございます。
6Dは本当に天体向きだと思います。改造は必須だと思いますが、、
最近は810Aとかや6Dの冷却などをお使いの方も多いようですね〜。
(そうなると投資が倍以上になってしまいます(汗))
それにしても天気は優れない夏でしたね。
秋にはスッキリ晴れてくれると嬉しいです。

投稿: くろ | 2015年8月31日 (月) 01時21分

天文中年さん

ありがとうございます。
swatもなんとか使えるようになってきました。
実は一軸オートガイド環境もあるのですが、まだ使ったことがありません(汗)
天文中年さんみたいに何台もうまく操れるようになりたいです(^o^)

投稿: くろ | 2015年8月31日 (月) 01時37分

西表の星空、天の川、凄く奇麗です。私も宮古島の友人の所に行く話はカミサンによりバッサリ却下でした。乗鞍高原が限界です。キヤノンのEF20ミリの描写ですが、私もキヤノンのCPS(キヤノン プロ・・サービス)で2回も調整に出しましたが駄目なレンズでした。フィルム時代は良かったのですがデジタルでは周辺の画質と方ボケぎみで、ズームの17〜40の暗いレンズ変えました。20ミリはピント面が複雑でど真ん中でピントをきめると中程より外で外れる傾向にあると思います。そんなの被写界深度に入るはずが駄目なんです。Lレンズ死守ですか。

投稿: BEAN 仲村 | 2015年8月31日 (月) 14時22分

こんばんは、くろさん、
西表ですと、いて座さそり座もグンと高度が高くなる
のでしょうか?ニュージーランドを髣髴させるんですね。

投稿: 山本 | 2015年9月 1日 (火) 23時41分

BEAN仲村さん

こんにちは。信州もいい空があると聞きますが、夏は南の低い空も見える緯度が低いところもいいですね。
カメラレンズのことはあまり詳しくないのですが、フルサイズだとこのくらい周辺画像が乱れるのかとも思ってます。もう少し絞ったほうがいいかもしれませんね。Lレンズはお値段もさることながらポータブル赤道儀に乗せるとバランスが取れないですね。
Apo のような神レンズが広角でもあればいいですね。

投稿: くろ | 2015年9月 2日 (水) 07時55分

山本さん

コメントありがとうございます。
西表はこちらより10度くらい緯度も低いので、サソリが立ち上がってる感じで見えてました。
海の近くなので水蒸気が多いのですが、天の川も見事です。ぜひ星見にいらしてください〜。

投稿: くろ | 2015年9月 2日 (水) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125721/62178858

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の天の川三昧!?:

« メシエメラソン 散開星団編 その3(完結編) | トップページ | いて座の7つの球状星団 »