« QHY9 with Astrodon Tru-Balance ファーストライト  | トップページ | Edge on galaxy V.S. Face on galaxy"NGC4565 v.s. M100 @Gomadansan" 護摩壇山遠征記 1/2 »

2015年3月31日 (火)

M51 / Whirlpool Galaxy by QHY9 @曽爾高原

QHY9のセカンドライト?は、曽爾高原でのM51です。

3月の新月期は、天気の予報もよくいつもの皆さんと2夜連続の計画を立てて初日は曽爾高原になりました。

春の観光シーズンというのもあってか、市内は車が大渋滞で、抜けるのが大変でした。
ようやく現地に着いたのは19時半頃でした。
さてどんな空?と見上げたら、なんと一面の雲(というか、霧?)で、星がほとんど見えません。途中は晴れているように見えたので、「この山あたりだけガスっているのでは?
という疑いが。。。」GPVは真っ黒なので、そのうち晴れるかな。ということでまったりと設営を始めました。

後でわかったのですが、この日は近畿地区はいずこもガスが出ていたようで、全体的に眠い空だったようです。

一瞬晴れたすきを狙って極軸を合わせます。
ただ待てど暮らせど?空は晴れず、ぐっちさんの焼きそばをいただいたり、ベアさんのお汁粉をいただいたりしている間に、時間は過ぎていきます。
かなり湿度が高く、鏡筒はすごい結露です。
鏡が曇らないように蓋をして、さらにヒーターを入れたりして星待ちです。
天文中年さんは、RCの主鏡が曇られたみたいで、ドライヤーで乾かされていました。

ようやく、夜半近くになり晴れてきました。
この日は時間もないので、M51に絞って撮影をしました。
撮影を開始したのは、午前0時からです。

QHY9のgainとoffsetの設定ですが、先日hanaさんにコメントを頂いて、ファーストライトの時は、ちょっとgainを高めに設定していたと思い今回は
gain=3 offset=125としていざ撮影です。(そのままの値を拝借してますね~(汗)


【M51 / Whirlpool Galaxy】

M51_new_l_rgb2pssi

撮影データ:
Title:M51 / Whirlpool Galaxy
Opt:EDGE HD 800 <f=2023mm/F=10>
Guide:Off-axis guider
Camera:QHY9
Filter:Astrodon Tru-Balance e
Exposure:L:360x21sec ,R/G/B:360*4sec<2x2>
Date:21/3/2015 , @Sonikogen


さてさて、前回は全く歯が立たなかった?DarkおよびFlatの処理ですが、今回はオーロラパネルを車の窓に張るスモークをつかって減光し、1秒以上の時間をかけて撮影できるようにしてみました。
ダークについては、撮影データを読み込んだ後、いったんライトフレームのレベル調整を追い込んでからダークを引いたところ、銀河が消えることはなくダーク処理ができました。
(ダークファイルについて演算処理で減算してトライしましたが、こちらではうまくノイズを消すことができませんでした)
若干L画像やRGB画像にノイズのピクセルが残っていますが、何もしないよりは採れているような印象です。

フラットについても処理してみましたが・・・
結果はRGBごとにある色ムラは残り、周辺減光の過補正は無くなったようですが、バックグランドはムラムラ状態のため、Photoshopでカブリ補正を何度もかけることになりました。

彩度を100で強調すると、バイアスの模様のようなR/G/B色とりどりの点々が画面いっぱいに表示されて。バイアスの処理をしていないのが原因かわかりませんが、この色ムラは、フラット処理ではとり切れず全体のレベルを落として消している感じになっています。

【合成後のRGBを彩度100%にしてレベルを上げると・・】

M51_lrgb20150322


まだまだ分からないことだらけですが、今度はバイアスの撮影もしてみようかと思っています。バイアスの処理ってステライメージではできなかったような気が・・・
CCDStackとか必要になりそうですね(汗)

4/1 画像を少しコントラストをつけて差し替えて見ました。

|

« QHY9 with Astrodon Tru-Balance ファーストライト  | トップページ | Edge on galaxy V.S. Face on galaxy"NGC4565 v.s. M100 @Gomadansan" 護摩壇山遠征記 1/2 »

コメント

遠征お疲れ様でした~。
アドバイス参考になったみたいで嬉しいです、飽和してしまったり、シャドウがカットされるようでしたらパラメータを弄ってみてください。

ダークに関してはなんでしょうね、QHY22では問題なく減算できていますが。。。

バイアス=フラットダークですので、ステライメージでも問題なく引けますよ。コンポジット精度を除けば、敢えてCCDStackを導入する必要はないかと思います。ご参考まで。

投稿: hana | 2015年3月31日 (火) 20時39分

hanaさん

アドバイスありがとうございます。
F10の鏡筒なので撮影した時はほとんど何も映っていない?のですが、処理するとちゃんと出てきてくれました。ダークは全体的にレベルが低いのが問題のような気がしますのでGainとかは少し上げて見てもいいかもしれません。
ステライメージは、やはり天体写真に特化していますがご指摘の通りver7のコンポジットの精度はどうかと思っています(6.5のほうがうまくいくような気がしています)

投稿: くろ | 2015年4月 1日 (水) 00時06分

くろさん
予想通り、いえ、予想以上の出来映えに
羨ましい限りです。
私の場合は新しい、GS200RCの能力一杯の
写真がまだ撮れて無いので、それに行き着いたら
QHY9に行こうかなと思ってます。
でも、難しそうですね。💦
っていうか、フラット、フラットダーク、ダーク
なんて、今の私には多分無理ですね💦
画像処理力を相当アップしないと、使いこなすことができ無いです💦

それにしても、QHY9は、想像通りコスバ良いですね〜
SBIGのST8300と同じ撮像素子ですから
撮影画質には定評あります。価格もフィルターホィール込みだと
半分以下と懐にも優しいですね。
懸念していた、結露も特に問題無いようで、
シリカゲルの交換時期と、カメラの保管方法に
注意すれば、長く使えるカメラですね。
春の銀河はもう終盤ですが、夏の亜鈴とかも
見てみたいですね。
ベビーQのエクステンダー併用とかでM33とかも見てみたい
アンドロメダも、あぁ見てみたいものが一杯です。
そのうち、リクエストに答えてくださいね。

投稿: 天文中年 | 2015年4月 1日 (水) 08時03分

こんにちは、くろさん、
2000mmでの系外銀河は、やはり迫力がありますね。
フィルムで撮って頃は、ここまで描写させるのはとても
無理でした。
それでも1000mmだったので系外銀河は撮っても
つまらないと思い、見る方にと全て移行していきました。

投稿: 山本 | 2015年4月 1日 (水) 17時29分

天文中年さん

光栄なコメントありがとうございます。
いつも安定していい作品を取られている天文中年さんのバイタリティに驚くばかりです。
RC鏡筒はかなり期待できるみたいなので、光軸調整後の作品を楽しみにしてます。
QHY9ですが、確かにコスパは冷却装置CCDの中でいいと思います。
でも分からないことや出来てないことが、多数。。なので、一緒に悩んでいただける方がいると心強いです。
是非ご検討くださいませ〜。

投稿: くろ | 2015年4月 1日 (水) 17時57分

山本さん

コメントありがとうございます。
確かに銀河は口径が大きい方が、いい面がありますね。
ピントも甘くどうしてもぼやっとしてしまい、FSQのシャープな画像に比べると、、、ですが、ガイドがある程度安定してくれたらF10でもなんとか形になることがわかりました。
ただ赤道儀のせいもあります弱い風でもガイドが乱れるのが、今のところの困りごとです。
銀河はやはりデジタル時代の作品がすごいと思います。

投稿: くろ | 2015年4月 1日 (水) 18時01分

こんばんは、くろさん、
最近他の方のブログでも「新改造」と記されたのを
見ますが、デジタル1眼レフの新改造とはどういう
改造をさせれるのでしょうか?

投稿: 山本 | 2015年4月 2日 (木) 19時55分

山本さん

こんばんは。
新改造というのは、スターショップというところが行っているローパスフィルターの改造サービス名?のことで、純正のフィルターを取り外して天体写真用の赤外カットフィルターに返るというものです。

http://www.starshop.co.jp/digicam.html

私のX4がこの改造をしているのでそのように記述をしております。
(自分ではとてもではありませんが改造はできませんので)

投稿: くろ | 2015年4月 2日 (木) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125721/61366047

この記事へのトラックバック一覧です: M51 / Whirlpool Galaxy by QHY9 @曽爾高原:

« QHY9 with Astrodon Tru-Balance ファーストライト  | トップページ | Edge on galaxy V.S. Face on galaxy"NGC4565 v.s. M100 @Gomadansan" 護摩壇山遠征記 1/2 »