« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

EdgeHD800でのオフアキ撮影:M63、M64

先週末は天気の都合もあり、金曜日の夜から神野山に撮影に行きました。
仕事の後に自宅に戻ってから移動です。急ぐときに限って?忘れ物・・ということでスムーズに出発ができず22時過ぎに到着です。
すでに現地では天文中年さんやグッチさん、シャーマンさんが撮影をされていました。

この日もEDGE HD800の直焦点で春の銀河を狙いました。

まずはM63/Black Eye galaxy 黒目銀河からです。

【M64/ Black Eye Galaxy】

M64sitri

【撮影Data】
Title:M64/Black Eye galaxy
Scope:EDGE HD 800 <f=2023mm/F=10>
Camera:KissX2 SEO-SP3 3C ,HEUIB-ii
Exposure:450*16 sec,ISO 1600
Date:20/2/2015 , @Konoyama
中心部をトリミング

かみのけ座の真ん中あたりに位置する銀河で、広くて濃い暗黒帯が特徴です。
縁部分にあるガスが内側とは逆方向に回転しているそうで、過去に銀河同士が衝突したことが原因?だそうです。

2つ目の対象は、M64/Sunflower Galaxy ひまわり銀河です。

【M63/Sunflower Galaxy】

M63ps20150228si

【撮影Data】
Sunflower Galaxy / M63
Scope:EDGE HD 800 <f=2023mm/F=10>
Camera:KissX2 SEO-SP3 3C
Filter:HEUIB-ii
Exposure:450*15 sec , ISO 1600
Date:20/2/2015 @Konoyama
真ん中あたりをトリミング。


撮影はじめたころには、ほぼ南中も近くこの分だと1時間くらいで子午線を迎えるなぁと思いながら、子午線越えのチャレンジもしておいたほうがいいかなぁと思い撮影していました。
案の定1時間で子午線越えのメッセージがStarBookに表示されました。
反転で導入を試みたのですが・・・ガーン~~。ガイド星がどこかに行ってしまいました。

オフアキなので反転すると、プリズムの位置が変わってしまうことになります。
ということでオフアキリングをくるくると回して「反対側かなぁ?」とかやっていくうちに、M63の構図(画角)は合わなくなるやら、中心を外すやら、ガイド星がこの角度しか入らないやら。。ということで、格闘1時間。撮影を再開しました。

すっかり画角がずれて復旧ムリ!と強引に撮影を再開したため、普通に重ねると広範囲がずれてしまっています。
1枚モザイクみたいに重ね合わせたところを中心にトリミングをしています。

いやぁオフアキの子午線越えは難しいですね。
何か単純に同じ画角を導入できる方法があれば教えてほしいです(泣)

ともあれ撮影を再開したのですが・・さらなる事件は待っていたのです。
おとなりで撮影をしていたシャーマンさんが、「鏡筒の反射板が凍り付いている~」と叫ばれています。見に行けば、C8の表面が真っ白に。。。w(゚o゚)w

「フードとかしてないからですよ~」と余裕で突っ込みを入れていたのですが、フードをしていた私の鏡筒もすっかり夜露と氷点下の気温の餌食に。。。

副鏡の周りがうっすらと凍結しています。(。>0<。)

慌ててヒーターをまいて温めますが、とても融けそうにないので、ちょっと表面を布で触ったりしてました。(本当はダメなんでしょうが)

この日は夜半から湿度が上がったこともあり、フードをしていても天頂を向いている望遠鏡には夜露がつきます。以前夏に同じ失敗をしていたのですが、今回もヒーターをつけづに撮影をしたので、残念な結果となりました。

御杖高原で撮影されていたMarkunさんも鏡筒が凍ったとおっしゃっていて、この日は凍結被害が各所で発生!?していたようです。

ライトフレームにはR/G/Bの色むらが出ていて、当然曇っていた影響も大きいのですが、3時間以上格闘したので、画像処理をしました。
この対象は来年?リベンジかなぁ。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

EDGE HD800x0.7レデューサでのオフアキ撮影

先週末はまだ下弦の月があるものの天気もよさそう~。とのことでいつもの皆さんと星撮に出撃です。
たらちゃん、天文中年さんとも相談のうえ、南が暗いという御杖方面で計画します。お二人は昼一番に移動開始で早々に現地入りされてました。
遅れて私も合流すべく、今回は新名神の三重まわりで移動してました。
現地のレポートが届くと「すごい風・・」とのこと。GPVでは御杖付近は青色の→で夜半までは5~6m/sの予報です。

名張についたあたりで、「どうされますか?」と聞いたところ、「風がましな曽爾高原へ移動」となりましたので私も途中から行先変更です。
この日は昨晩から降った雪が、峠などの道の横に残る条件でしたが、青蓮寺湖方面から近づくとどんどんと道が怪しくなっていきます。日陰などはまだ道に雪が残っている状況でしたのでゆっくりと向かいます。
そうすると現地より、「キャンプ場に上がる道で、車が登らず立ち往生~」との一報が、ふもとのお亀之湯で待機していたら、皆さん疲れ切った表情で戻ってこられました。どうやら途中でノーマルタイヤの車がいたようで(星取仲間ではない方です)、上がりきることができず途中で止まりそのまま下がりながら側道の溝に落ちてしまったようです。それを皆さんが助けようとしたところ、車を止めたためにそれ以上前に進むことができず、キャンプ場へ行くのを断念。側道に落ちた車などは、現地の方々の助けがあって皆さん無事で戻ってこれたようです。よかったです。。

そして、最終的にはいつもの神野山に1時間かけて戻り、到着は19時を回ってました。これまた途中で引き返されたベアさんと、滋賀からN村さんもすでにいらっしゃいました。

と前置きが長くなりましたが・・・
慌てて機材をセットアップし、この日は大きなトラブルなく準備が整いました。
まずは西に傾き始めているオリオン座の馬頭星雲を狙います。
この日はEDGE HD800+0.7専用レデューサで、純正のオフアキを無理やりつないでの撮影です。
先日撮影した時は、レデューサがあったためかガイド星がほとんど見つからず断念したシステムですが、今回はガイドカメラの前に0.5xのレデューサをつけて、オフアキのプリズムを1mmほど下げてトライしました。
ガイド鏡のピント合わせのため、オフアキのカメラ側に6mmの延長筒を入れざるを得なく、最適なバックフォーカスがレデューサ―から106mmという中で、プラス15mmとなる121mmで撮影しました。今回の撮影の課題は以下の3つです。

【EDGE HD800 x 純正Reducer x 純正OffAxis 撮影時の課題】
---
課題1:ガイド星は見つかるか?
課題2:バックフォーカスが伸びた影響で、周辺の星像はどうなるか?
課題3:プリズムを下げたためのケラレの影響は?


まず課題1ですが、今回は馬頭星雲・しし座のトリオ銀河・M101を撮影しましたが、なんとか見つけることができました。ガイド星がやや伸びていびつな形となっていましたが、オフアキを回転して探すような形となりました。(直焦点でも同じ?)回転をしていると片ボケが起きてしまう原因となりそうですが、こればかりはきっちりとねじ止めするくらいしかなさそうです。

課題2ですが、結論からするとやはり周辺はかなり星が流れてしまうようです。
いまはシュミカセ→M42の接続は純正よりも短いアダプタを使っていますがこれ以上の短縮は難しそうですね。RDがないとF10なので暗いですよね。RDをつけていた場合でも、親子亀や並列方式ではオートガイドが決まった体験がほとんどないので(泣)、なんとかオフアキで使ってみたいと思っています。

課題3は見事ケラレが発生しましたが、フラット処理で問題なくなっているみたいです。今回は対象を変えるたびにオフアキを回転させることになりましたので1対象の撮影を終えるごとに、こっそり?とAurora flatted pannelを使って32枚ほどフラットを撮影していました。(サイズぴったりで周りに光も漏れないので)スカイフラットとかだとこうはいかないでしょうから、このドイツ直輸入のパネルをとても重用することになりそうです。


【フラット処理前(上)・フラット処理後(下)】

Photo

周辺減光や右下にあるプリズムのケラレはうまく消えてくれたようです。
ただガイド星を探すために、オフアキのプリズムを回転しますので、1対象ごとにフラットを撮らなければいけないので、忘れてしまいそうです(汗)


さて、今回の1対象目は馬頭星雲です。

【オリオン座馬頭星雲付近・Horsehead nebula /IC434】

Ps4blog

一度とってみたかった馬頭アップですが、EDGE HD800だとはみ出しますね。
シャープな画像は期待できないですが、もっと暗い空でじっくりとると面白そうな対象です。時間が合えば燃える木のアップも狙いたいですね。

撮影データ
----
Camera:KissX2 SEO-SP 3PC
Opt:EDGE HD 800x0.7 reducer <f=1400mm/F=7>,
Mount:Vixen SXD2
Filter:HEUIB-ii<FF> ,
Exposure:ISO1600 ,360sec x 15
Date:14/02/2015 , @Konoyama
Processing:RAP2,StellaImage7,PhotoShopCS6



【しし座のトリオ銀河 Leo Galaxies M65, M66 & NGC 3628,】

M65_66_ngc3628xblg

2つ目はしし座のトリオ銀河です。
流石に1400mmではいっぱいいっぱいに広がってしまい、星像が伸び伸びの端っこに銀河が配置されてしまいました。取り始めたものの、5分×8枚で撮影強制終了です。この対象ならBabyQxエクステンダーあたりで狙うのがよさそうです。

撮影データ
----
Camera:KissX4 新改造
Opt:EDGE HD 800x0.7 reducer <f=1400mm/F=7>,
Mount:Vixen SXD2
Filter:HEUIB-ii<FF> ,
Exposure:ISO3200 ,300sec x 8
Date:14/02/2015 , @Konoyama
Processing:RAP2,StellaImage7,PhotoShopCS6


【回転花火銀河 Pinwheel Galaxy / M101】

M101_20150214blog

最後はおおぐま座の回転花火です。
この対象を撮るころには、風が強くなり時折突風が。。。
映し出される星像は土星のような形を描いてたりと、かなり厳しい状況です。
前回のすさみでとった時の再現です。そして懲りずにフードを撮って撮影をしました。(すさみの再現?)

撮影データ
----
Camera:KissX4 新改造
Opt:EDGE HD 800x0.7 reducer <f=1400mm/F=7>,
Mount:Vixen SXD2
Filter:HEUIB-ii<FF> ,
Exposure:ISO3200 ,300sec x 25
Date:14/02/2015 , @Konoyama
Processing:RAP2,StellaImage7,PhotoShopCS6

と移動距離だけが長い?遠征となりましたが、安定の神野山ですね。途中の道も凍ることなく、少しだけ雲が出ていた時間帯がありましたが、流石です。

この日は、aguiさんやシバさん大和さんや、御杖村から曽爾高原経由で神野山に移動されたお二方(Iさんと?? すみませんハンドルネームがわかりません)もいらして、とても賑やかな撮影となりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

星ナビでこのブログを紹介いただきました~

すでに発売から1週間が経過していますが・・sweat01
星ナビの3月号にこのブログを紹介していただきました~。

「ネットよ今夜もありがとう」というコーナーで、リレー投稿で天体写真のブログを紹介するというものです。

先日の大阪で開催されたよっちゃんさんの天体写真ライブセッションでお知り合いになった星太朗さんからのご紹介で掲載されました。。。

Net

星太朗さん 
ご紹介いただきありがとうございます。

そしてお隣は・・「なんということでしょう~! いつも撮影でご一緒している天文中年さんではないですか~! それもタラちゃんの紹介なんて・・・」
ということでこのところずっと撮影でご一緒している方々もダブルで掲載でした。。

やはり同じ趣味を持つ方々とこのように交流するのは本当に楽しいです~。
毎月新月期前後は、撮影のことや遠征のことで盛り上がりますしね。

最後は和歌山すさみで撮影したオリオン座とおおいぬ座の50mmEFレンズでの全景です。

【オリオン座】

Orion50mmps6


9000円で買えるお得?50mmレンズでの撮影でしたが、処理がなかなかむつかしいですね。例の蛍光灯のカブリに加えて、どうしてもピント位置によってRGBのバランスが崩れるようで。。今回はRがやや大き目に写っていたようです。

撮影データ
---
Title:Orion
Camera:KissX4 modified
Opt:Canon EF50mm<F=3.2>
Mount:Vixen porarie
Filter:UIBAR-II <FF> ,
Exposure:180*24sec, ISO3200
Date:25/01/2015 , @Susamicho
Processing:RAP2,StellaImage7,PhotoShopCS6


【おおいぬ座全景】

Ooinu2

こちらは真ん中にシリウスが輝いていてカモメ星雲とかも見えてますね。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

南紀すさみ町 遠征記 Vol.2 M97 Owl nebula/NGC5139 Omega globular cluster

遠征記の第2弾の更新が滞ってしまいました。
前回に引き続き南紀すさみ町で撮影したものをアップします。

【おおぐま座 フクロウ星雲 M97 / Owl Nebula】

M97d_blog

前回に投稿したNGC2903とM51の合間に箸休め?的に撮影したものです。

総露出時間は60分となり私にとっては長いほう?ですが、思っていたより淡いためかF10の鏡筒ではなかなか詳細な姿をとらえることはできていないです。

なんとも不思議なつかみどころのない対象ですね。M27みたいに青いのか緑っぽいのか作品を見ていてもまちまちです。

撮影データ
---
Title:M97 / Owl Nebula
Camera:KissX2 SEO-SP3 3C,
Opt:EDGE HD 800 <f=2023mm/F=10>

Mount:Vixen SXD2 auto guided by advanced unit
AutoGuide:Starbook10 AdvancedUnit/Watec 910HX
Filter:HEUIB-II <FF> ,
Exposure:450*8sec, ISO1600
Date:25/01/2015 , @Susamicho
Processing:RAP2,StellaImage7,PhotoShopCS6

この日の夜半3時頃からは突風が吹き荒れていて、車の中で少し休んでいる間にいろんなものが飛ばされていました(汗)が、ちょうど薄明前にピタッと風がやむ時間帯があって、そのタイミングで、ご一緒したしゃーまんさんが一生懸命双眼鏡で何やら南の低空をご覧になっていました。そうです、ちょうどオメガ星団が南中の頃を迎えていたようです。
それならば・・・ということで記念写真をパシャリ

【すさみ町からみたオメガ星団】

Omegasiblog

2023mmの直焦点でそのまま撮影しましたが、何とか画面に収まって?いるみたいですね。淡いところはもっと外に広がっているような気もしますが。

慌ててとったこともありピントも甘いですが、流石全天最大級の球状星団ですね。「ド迫力」の1枚となりました。

ケンタウルス座ですよ。昨年の夏にニュージーランドに行ったときは南十字の西側45度ぐらいの光度に見えていました。すさみ町だと南中高度は9度とまさに撮影は奇跡的な?タイミングでできました。この日はカノープスもあっさりと見えていて(南中高度4度)、流石本州最南端に近いここでは南の空が賑やかです。

撮影データ

---
Title:NGC5139 /Omega globular cluster
Camera:KissX4 新改造
Opt:EDGE HD 800 <f=2023mm/F=10>

Mount:Vixen SXD2 auto guided by advanced unit
AutoGuide:Starbook10 AdvancedUnit/Watec 910HX
Filter:HEUIB-II <FF> ,
Exposure:120*8sec, ISO3200
Date:25/01/2015 , @Susamicho
Processing:RAP2,StellaImage7,PhotoShopCS6


この日は、T村さんやベアさんのドブソニアンで、様々な銀河や星雲を見せていただきました。今回撮影したM51の親子の銀河とその暗黒帯、NGC2393エスキモー星雲の五角形の顔、おおいぬ座のNGC2359 トールのヘルメットの角などが確認できてとても楽しかったです。次々に神業のように対象を導入されていくところは本当にすごかったです。
StarBookの自動導入に慣れきった私にとっては驚きの連続でした。
ありがとうございました。

さて濃厚なスターパーティーを過ごし、翌日は白浜の三段壁を見に行ったり、アドベンチャーワールドでパンダの赤ちゃんやサファリツアーに参加するなどこれまた濃厚な休日を過ごし、何とか無事家に帰ってきました。ハードすぎて?リハビリにすごく時間がかかりました(笑)

Adventure

大勢の星の好きな方々とご一緒できて、でも本当に楽しい遠征となりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

南紀すさみ町 遠征記 Vol.1 NGC2903/M51 galaxy

この時期近畿でも北部中部は冬型となりずっと天気がすぐれません。
関東方面からはラブジョイの素晴らしいテイルをとらえた写真が天体写真のFBグループにあげられる中、悶々?と過ごしていました。

いつもの神野山のゆかいな仲間たち(たらちゃん、天文中年さん、ぐっちさん、かなたさん、ベアさん)と一緒に和歌山方面へ遠征を計画しました。 和歌山でも北側と南側では天候が異なるようです。
和歌山のふーまさんやT村さんに相談のうえ、白浜をさらに南下したすさみ町まで遠征することとなりました。 京都からは3時間半の道のりです。途中の高速道路で前のトラックからげんこつ大の石が落ちてきて、サイドミラーに激突しミラーが外れるというアクシデントに会いましたが、幸いなことに、割れず、手ではめることができて事なきを得て、4時間ほどですさみ町に到着しました。

すでにメンバーの皆さんは到着されていて、私も慌てて赤道儀をセットアップしました。
遅れてしゃーまんさんも到着し、総勢9名でスターパーティー状態です。

アッという間に薄明が終わり撮影開始です。素晴らしい冬の天の川が見えてきました。
この日はEdgeHD800の直焦点(2023mm)で春の銀河を狙います。 海沿いということもあるためか、この日は風が強くガイドがブレブレになっています。
露がないこともあり、やむを得ず、フードを外して撮影を継続しました。

しかし。。。

とても残念なことに、撮影した公園に1つだけあった街灯のせいで、ライトフレームにはもやもやのカブリが発生していました。(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)
撮影を始めた当初のフード付きのライトフレームにはなかったカブリなので、直接的ではなくとも迷光が影響を与えていたようです。

特にRとBに横縞のカブリが出ています。。

【M51のRGB画像。左端の真ん中にはレインボーカブリが(汗)】
Rgb_2


今回はNGC2903とM51をメインターゲットにしていてそれぞれ、2時間、3時間露光をしたのですが・・・普段撮影している神野山でもこんなカブリは出たことはありません。
さてさて画像処理でどこまでごまかせるかということになりますが、全体のレベルを落とす以外の選択肢はありませんでした。 しかし、特にM51の銀河の中心を横切るRのカブリは、いかんともしがたい状態でした。



【NGC2903 しし座の銀河】

2903ps3

この銀河はおおぐま座のM81,82と伴に、春の先頭を切って上ってくる銀河です。
しし座のたてがみ?あたりにある銀河で、地球からはなんと3000万光年も離れているそうです。
比較的明るい銀河ですが、両腕の部分は淡いですね。
まだまだ低い時間帯からじっくりと撮り始めてみました。
2時間半を超える露出でしたが、EdgeHD800の直焦点はF10と暗く、FSQのようにシャープな画像を得られるわけではありませんので、う~ん。まあこんな感じなのでしょうか。
そしてバックグランドはモヤモヤと消し切れていないカブリがorz...

撮影データ
---
Title:NGC2903 / barred spiral galaxy
Camera:KissX2 SEO-SP3 3C,
Opt:Edge HD 800

Mount:Vixen SXD2 auto guided by advanced unit
AutoGuide:Starbook10 AdvancedUnit/Watec 910HX
Filter:HEUIB-II <FF> ,
Exposure:450*21sec, ISO1600
Date:25/01/2015 , @Susamicho
Processing:RAP2,StellaImage7,PhotoShopCS6


そして、メインターゲットは大好きな銀河であるりょうけん座の子持ち銀河M51です。 1年以上前に、レデューサをつけて1400mmで狙いましたが、今回は直焦点2023mmでトライしました。

【M51/子持ち銀河 Wheelpool Galaxy】

M51_20150130dblog

撮影データ
---
Title:M51 / Whirlpool Galaxy
Camera:KissX4 Modified,
Opt:Edge HD 800

Mount:Vixen SXD2 auto guided by advanced unit
AutoGuide:Starbook10 AdvancedUnit/Watec 910HX
Filter:HEUIB-II <FF> ,
Exposure:450*25sec, ISO3200
Date:25/01/2015 , @Susamicho
Processing:RAP2,StellaImage7,PhotoShopCS6

上のRBGの写真にあるように、背景がかなりかぶってましたので、ちょっと無理な処理をしております。銀河の詳細な腕のところもノイズ処理をしていてぼやっとしてますね。
この対象は再処理&撮影もリベンジしたいです。

と、お家に帰ってからは画像を見て少し残念な気持ちになりましたが、この日はT村さんとベアさんの2台のドブソニアンで、久しぶりに色々な対象を見ました。

ラブジョイ彗星や、撮影をしたM51はもちろん、冬の代表的な星雲であるバラ星雲やおおいぬ座にあるNGC2359トールのかぶと星雲、先日アップしたふたご座のエスキモー星雲と流石すさみの空です。本当によく見えました。どれも眼視では初めてみた対象だったのでしたのでとても感動しました。T村さん、ベアさん、ありがとうございました。

今度は蛍光灯のないところで撮影したいです~。
ご一緒した皆様どうもありがとうございました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »