« Summer MilkyWay Vol.1 <M24 Star Cloud> バンビの横顔 | トップページ | 星ではなくホタルです »

2014年6月 6日 (金)

Summer MilkyWay Vol.2 <Deneb & Sadr of Cygnus> 白鳥座中心部

EF100mmマクロレンズの第2弾は、白鳥座中央部です。
デネブ近くにある北アメリカ星雲とペリカン星雲、サドル付近の散光星雲などを
捉えることができます。

Cygnus_100mm20140531rgb_b

このあたり天の川なので星が多くて目がちかちかしますね。
もっと星の像が小さいとシャープな感じになりそうです。

(RGBの画像を見ていると、やたらとRの画像が肥大化しているように見えました)

有名な星雲を一度に捕らえられる贅沢なショット?ですが、ごちゃごちゃしていて
見にくい感じもします(汗)

それにしても、入梅前に撮った写真の処理がなかなかできずちょっとずつの
アップになってます。しばらくは雨なので、ボチボチあげています。

|

« Summer MilkyWay Vol.1 <M24 Star Cloud> バンビの横顔 | トップページ | 星ではなくホタルです »

コメント

こんにちは
100mmのレンズも、中々色々撮れて良いですね。
私の場合は、100ミリは無いですが、タムロンの
90mmF2.8、Nikon ED-DX85mmF3.5VRの二本が
ありますが、タムロンは、低分散ガラス無しですし
Nikonはチョット暗いので、ビミョーです。(汗)

この辺の焦点距離のレンズでF2.8と云うと
殆ど出番なしの、シグマのAPO70-200F2.8
がありますが、ズームレンズですから、ビミョーです。
画角で遊びで、一度夏場に使ってみても良いかもと思っております。

くろさんの、作品見ることで、色々とバリエーションの参考になります。
次の作品も楽しみにしてます。

投稿: 天文中年 | 2014年6月 6日 (金) 12時40分

こんにちは、くろさん、
散光星雲同士の対話が感じられる構図ですね。
強大な龍がアメリカ大陸に向かっているような
感じもします。
写真の物語性を感じさせています。

投稿: 山本 | 2014年6月 6日 (金) 13時14分

山本さん

コメントありがとうございます。
なるほど、そのようにおっしゃっていただいたら、竜がアメリカ大陸を睨み付けるイメージが浮き出てきました。。
そんな見方ができる感性をお持ちの山本さんは素晴らしいなぁと思いました。
先日ご示唆いただいたのでちょっと星以外のもの(ホタル)もとってみました。

投稿: くろ | 2014年6月 6日 (金) 22時51分

天文中年さん

コメントありがとうございます。
流石いろいろなレンズをお持ちですね。
確かに画角の調整を考えるとズームが便利ですが、どうやら周辺減光や星が流れたりということで
天文写真にはあまり向かないみたいですね。
私が持っているジャンクもので仕入れたEF18-55mmなんかで撮影したら、司法がビームみたいに伸びてました。
8月のニュージーランド遠征に向けて、カメラレンズでの作品をいろいろとチャレンジしてますがなかなか晴れてくれないのが残念です。
次回お目にかかれるのは梅雨明けですね。

投稿: くろ | 2014年6月 6日 (金) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125721/59766414

この記事へのトラックバック一覧です: Summer MilkyWay Vol.2 <Deneb & Sadr of Cygnus> 白鳥座中心部:

« Summer MilkyWay Vol.1 <M24 Star Cloud> バンビの横顔 | トップページ | 星ではなくホタルです »