« 春の銀河に憧れて⑦(NGC2903/M65.M66 LEO galaxies) | トップページ | EOSクロップ撮影で捉えた春の4惑星 »

2014年2月 7日 (金)

春の銀河に憧れて⑧(Sombrero galaxy/M104)

春の銀河第8弾は、おとめ座にあるM104です。

ソンブレロ銀河は、以前BORGの71FL (f= 400mm)でとったことがあるのですが、非常に小さな対象でした。絶対等級は-22等、質量は太陽の1.3兆倍、直径は14万光年という巨大な銀河ですが、4700万光年というかなたにあるので、長い焦点距離の望遠鏡で撮って見たかった対象です。

Image

中心部の暗黒帯の模様を表現するには、ピントも甘かったようです。
それ以外はなんともつかみどころのない銀河ですね。

ガイドは今回はうまくできていたようです。
このサイズでみると、カエルに見えてきました(^◇^)


<撮影機材>
Scope: celestron EDGE HD800
Camera: Canon EOS Kiss X4 (新改造)
Filter: None
Mount: SXD2 autoguided by Advance unit
<撮影データ>
Dates:2013/2
Exposure: 300sec x3+ 480sec x2

ISO:3200
Place:Konoyama


f=400mmと、f=2023mmを比較してみました。
銀河はやはり長焦点距離だなぁ〜


Image_2


|

« 春の銀河に憧れて⑦(NGC2903/M65.M66 LEO galaxies) | トップページ | EOSクロップ撮影で捉えた春の4惑星 »

コメント

くろさん、こんばんわ。

ソンブレロ星雲は、私も以前ED103S(f=795mm)で狙ったことがありますが、想像以上の小ささにガックリきた覚えが。やっぱり、長焦点で狙いたいところですよね。

そのために今、春の銀河シーズンに向けて鏡筒をしっかり固定するための強化パーツ類を手配していますが、思った以上に納期が長くて悶々としています。我慢我慢…orz


> 暗黒帯の模様

今の時期だとシーイングが悪いのも手伝って、なかなか大変かもしれません。以前、惑星と同じように動画からスタッキング→ウェーブレット処理で見事に仕上げた作品を見たことがありますが、究極的にはそういった手法になるんでしょうかね。

それなりの口径でないと、明るさ的に難しそうですが…。

投稿: HIROPON | 2014年2月 8日 (土) 01時27分

HIROPONさん

おはようございます。コメントありがとうございます。ガイド安定のための装備充実をされているんですね。ブログでのアップを楽しみにしてます。

あの暗黒帯の模様は動画のスタックで表現できるんですね。EDGE HD800だと厳しいでしょうね。後は超高感度のCCDカメラが入りそうです。。。

投稿: くろ | 2014年2月 8日 (土) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125721/59088545

この記事へのトラックバック一覧です: 春の銀河に憧れて⑧(Sombrero galaxy/M104):

« 春の銀河に憧れて⑦(NGC2903/M65.M66 LEO galaxies) | トップページ | EOSクロップ撮影で捉えた春の4惑星 »