« 春の銀河に憧れて⑧(Sombrero galaxy/M104) | トップページ | M78 ウルトラマン星雲@神野山 »

2014年2月24日 (月)

EOSクロップ撮影で捉えた春の4惑星

うちのベランダからは、東の空が見えるので、時々望遠鏡を出して星を見たり、撮影をすることがあります。
といっても、目の前には街灯がありますので、月や惑星、明け方の彗星くらいがターゲットです。

惑星撮影はシーイングのいい南中前後が狙い目なのでしょうが、ベランダの上にはひさしがついていて、高度が30度を超えるとしやから消えてしまいます。
EOSのKISS x4には、クロップ撮影機能がついていて、センサー中心部で約7倍での撮影ができるようです。2000mmのEDGE HD800に直焦点でつけると、14000mm相当⁇になります。
今回はこの環境で撮影しました。


金星
マイナス4.3等星と最高光度で夜明け前の空に輝いてます。
薄明直前でも高度は20度と低く、アイピースをつけて覗いても、三日月がギラギラと揺れているように見えます。
視直径は木星と同じくらいですね。地球に近づいているためでしょうか。
明るいのでクロッブモードの1/60のシャッタースピードだと普通スタックすると露出オーバーですね。
三日月の様子が写ればOKということでしょうか。





火星
4月には小接近するとのことですが、やはり見た目も小さいですね。なんかトウモロコシの粒みたいです。(笑)
高度が30度くらいで撮影をしたので、表面の模様が捉えられませんでした。南中時に撮影すればもう少しマシなのでしょうか?





木星
1月に衝を迎えて観測の好機です。
タイミングをみはからえば、大赤斑やガリレオ衛星の様子なども捉えられるはずです。
ベランダからはすでに見えないので、この写真は2/22に神野山で撮影しました。初めて?安定したシーイングで撮影ができました。この撮影機材と環境なら、このあたりが限界?なのでしょう。もうちょっとシャープな画像をとって見たいのですが、、

いまは、EOSで撮影したmovファイルをQTコンバーターで無圧縮のaviファイルに変換Resistax6でスタックをしてるのですが、なぜか2G以上はエラーで取り込めません。パソコンのメモリもまだ空いているようなので使い方が悪いのかもしれませんね。





土星
惑星といえば、やっぱり土星ですよね。2014年は環も開いていい感じで観察ができます。
去年の後半は太陽に隠れていて観察ができませんでしたが、今は火星の後を追うようにさそり座にいます。
火星接近の頃にいい条件で撮影してカッシーニの隙間がもっとクリアに見えればと思います。





惑星撮影、画像処理も奥深いですね。
動画での撮影に始めてトライしましたが、楽しむことができました。
次はもっといい写真を撮りたいです。



|

« 春の銀河に憧れて⑧(Sombrero galaxy/M104) | トップページ | M78 ウルトラマン星雲@神野山 »

コメント

こんにちは、先日はお疲れ様でした。

惑星撮影、良いですね、私もチャレンジしてみたいです。
AVIフォーマットは動画フォーマットとしては
古いものですね、2GBの制限がありますので
そのため、ファイル変換して仮に2GB以上のファイルを
作成しても、Windowsでは読めません。
AVIフォーマットにこだわるのであれば
コーデックをより高圧縮なタイプで変換するか
画質を落としてサイズを小さくするしか無いと思いますが、
レジスタックスって、MPEGは対応して無いのでしょうか?
MPEGの方が、高圧縮高画質なのですが。

投稿: 天文中年 | 2014年2月24日 (月) 15時34分

天文中年さん

土曜日はお疲れ様でした。
コメントありがとうございます。
なるほど、Windows側の制限なんですね。
ちゃんと調べていないので確証はないのですが、registax自体が、無圧縮のAVIファイル(音声なし)のみの対応?らしいので、そのように変換してます。EOS用の他の変換ソフトで、無圧縮のAVIファイルに変換した時はうまく読み取れませんでした。
色々と奥深いので、ぜひ天文中年さんにもトライしていただきまた教えてください^_^

投稿: くろ | 2014年2月24日 (月) 18時40分

くろさん、こんばんわ。

デジタル一眼の動画機能でも、口径20cmもあれば結構きれいに写るものですね。以前、口径10cmの屈折で同様のことをやってみたことがあるのですが、さすがに光量的に厳しくて、かなり画像が荒れてしまった覚えが。

これで懲りて、結局、惑星撮影用の動画カメラに走ってしまいました(^^;

それにしても、動画ファイルは色々と分からないことが多くて困ります。Registax5以降は2GB以上のAVIに対応しているので、基本的には大丈夫なはずなんですが…。

ウチなどはもっとひどくて、サイズにかかわらず、Registax6では動画カメラが吐き出したAVIファイルをスタッキングすることができません。キャプチャーソフトの設定とか、微妙なところが影響していそうな気はするんですが、ハッキリ言ってお手上げです。

というわけで、現在は「Autostakkert!2」というフリーウェアを使っています。あくまでもスタッキング処理専用のソフトで、ウェーブレット処理はRegistaxなどを使うことになるんですが、マルチコアに最適化されているせいか、圧倒的に高速なのでお勧めです。

投稿: HIROPON | 2014年2月26日 (水) 01時25分

HIROPONさん

コメントありがとうございます。
動画のファイルは細かな仕様(ローカルルール?)があるのか、取り扱いが難しいですね。
惑星撮影は口径が影響すると思います。惑星専用カメラですか。いいですね。HIROPONさんの写真を拝見しましたが、木星の模様とかも詳細が写っていてさすがだなあと思いました。
ご紹介頂いたツールを試して見たいと思います。ありがとうございます。

投稿: くろ | 2014年2月26日 (水) 08時28分

こんばんは。

クロップ機能ですか、便利な機能があるんですね。
息子と2人でおー!と言って拝見させていただきました。
私は拡大撮影で撮ったことはありますが、あんまり・・・。
でもまた挑戦してみようかな??

投稿: ryojin | 2014年2月27日 (木) 22時03分

ryojinさん

コメントありがとうございます。
本当はバローレンズとかを経由した方がいい画像が写せるのでしょうが、別途投資が必要なのでいまはこの方法が精一杯です。

直焦点のクロップ撮影なら、系外銀河を移す前に同じマウントで撮影できるのでとても便利です。
EOSは天体写真を撮る人にとっていいカメラですね。ぜひ試してみてください。

投稿: くろ | 2014年2月27日 (木) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125721/59189516

この記事へのトラックバック一覧です: EOSクロップ撮影で捉えた春の4惑星:

« 春の銀河に憧れて⑧(Sombrero galaxy/M104) | トップページ | M78 ウルトラマン星雲@神野山 »