« Celestron Edge HD 800 ファーストライトby Off-Axis Guide 【M33 galaxy】  | トップページ | Celestron Edge HD 800の専用レデューサー »

2013年10月20日 (日)

Celestron Edge HD 800 【M1かに星雲/ISON彗星】by Off-Axis Guide

前回に引き続きまして、Celestron Edge HD 800 with Off-Axis Guiderのファーストライトです。

【M1 かに星雲/Crab nebula】

20131006edge_m1b

---
Crab nebula / M1 かに星雲

<撮影機材>
Scope: Edge HD 800 <f2023mm/F10>
Camera: Canon EOS Kiss X4 (新改造)
Filter: なし
Mount: SXD2 autoguided by Advance unit
Autoguide:AdvancedUnitにて実施

<撮影データ>
Dates:2013/10/12
Exposure: 480*3+360*3 sec
ISO:1600
Place:神野山

中央部をトリミング
---

かに星雲の周りで明るい星を見つけることができたのですが、カメラの視野の真ん中にかに星雲を持ってくるのは、コツがつかめず難しかったです。
流石、2032mmですね。かに星雲が大きい!
残念ながらガイドが流れていますが、フィラメント構造も何とか写っています。このブログを始めたときにBORGで撮影したかに星雲とは随分違います。
(その頃に比べると装備も随分と増えていますが・・・)

-----

【ISON彗星/ISON Commet】

20131012_ison_2

ISON彗星は、赤道儀のSXD2のStarbook10にデータを入れたおかげですぐに導入できたのですが、周りに明るい星が見つからずガイド星探しにとても苦労しました(汗)
多分celestronのオフアキシスガイダーと、vixenのアドバンスドユニットの組み合わせでは、8等星くらいが限界のようです。
増光のペースは期待より低いですが、既に長い尾を見せてくれているので今後に期待です。

---
Commet ISON / アイソン彗星

<撮影機材>
Scope: Edge HD 800 <f2023mm/F10>
Camera: Canon EOS Kiss X4 (新改造)
Filter: なし
Mount: SXD2 autoguided by Advance unit
Autoguide:AdvancedUnitにて実施

<撮影データ>
Dates:2013/10/12
Exposure: 180*5 sec
ISO:3200
Place:神野山

中央部をトリミング
---

ファーストライトを終えての感想は、Celestron Edge HD 800は、謳い文句通り周辺の星がシャープに写り、大きめの口径ならではの対象もきっちり捉えてくれる望遠鏡だ。。という感じでしょうか。ただ、F10はやはり暗い~。ISOも1600より落とすのは無理でしょうね。レデューサをつけてどうなるか? 楽しみです。

|

« Celestron Edge HD 800 ファーストライトby Off-Axis Guide 【M33 galaxy】  | トップページ | Celestron Edge HD 800の専用レデューサー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125721/58420456

この記事へのトラックバック一覧です: Celestron Edge HD 800 【M1かに星雲/ISON彗星】by Off-Axis Guide :

« Celestron Edge HD 800 ファーストライトby Off-Axis Guide 【M33 galaxy】  | トップページ | Celestron Edge HD 800の専用レデューサー »