« 猪名川天文台でのM101 【回転花火銀河】 | トップページ | ステライメージver7と6.5の比較(M65,66,NGC3628) »

2013年5月 5日 (日)

青山高原での獅子座銀河トリオ(M65,M66,NGC3628)

ゴールデンウイークの後半、5/4に初めて青山高原に遠征してきました。
GPVの予報ではやや不安定な天候ながら、夜半過ぎには真っ黒ということで、18:30に家を出て、やや渋滞していた名神+新名神を乗り継いで、21時頃には青山峠に。。
いくつかあるどこの駐車場がいいのかわからないままさまよって、南側の視野が比較的よく、先客が1名いらっしゃった第4駐車場にクルマを止めました。
現地のお作法がわからないまま、ドキドキのセッティングでしたがなんとか無事SXD2とBorgコンビ(ED45とFL71)を装備完了。21時半頃から撮影を開始しました。
空を見ていると。。
 北空:木々があるため、15度より下は隠れている?
 東空:南東の方向が街明かりでやや明るめ?
 南空:条件よく、南の空を狙うならいい場所かなと思いました。
 西空:南西の方向が街明かりで明るめ?

狙いはさそり座やいて座方面でしたので、まずはしし座の銀河トリオやおとめ座のM104などをそれぞれ合わせて1時間くらいかけて撮影しました。
これらの銀河を狙うにはつらい、直焦点400mmのBorgFL71ですが、撮影後のJPEG映像をみてその写りに驚きました。地元の光害地とは随分違うはっきりした姿が見えました。

M65_66_ngc3628

とても満足をして撮影を終え、いよいよさそり座アンタレス方面を導入したら、あれ?星が見えない。。。おかしいピントが狂ったのかな?と思って空を見上げると。
「星が一つもない・・・」状態でした。目が見えなくなったの?と焦ったら・・・
「霧」なんですね。本当に一瞬で何も見えなくなってしまいました。
12時半から1時間ほど粘りましたが、晴れる様子もなく断念。。
ということで撤収して下山しました。

少し峠を下りると、満天の星。。ということで、本当に局所的に霧が発生していた感じでした。帰り道も部分的に晴れたり、霧が出たりというかんじでした。

ちょっと消化不良な状態で初めての青山高原への遠征を終えましたが、条件がいい日ならいい写真が撮れそうだなぁと思いました。
また次の機会に訪れたいです。

「青山高原は、南方面の空が狙えるが、霧に注意!」

|

« 猪名川天文台でのM101 【回転花火銀河】 | トップページ | ステライメージver7と6.5の比較(M65,66,NGC3628) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125721/57318407

この記事へのトラックバック一覧です: 青山高原での獅子座銀河トリオ(M65,M66,NGC3628):

« 猪名川天文台でのM101 【回転花火銀河】 | トップページ | ステライメージver7と6.5の比較(M65,66,NGC3628) »