2024年5月13日 (月)

大マゼラン星雲

小マゼランに続いて大マゼラン星雲です。小マゼラン星雲と比べて直径は2倍大きく、見た目の大きさは満月の20倍もあるそうです。

今の撮影機材だと、小マゼラン星雲が画角になんとかいっぱいいっぱいでおさまった感じだったので、少なくとも4枚パネルのモザイク合成が必要となりそうです。

 

【大マゼラン星雲】

Lmc-mozaic-s_20240512230201

4分割でも全体はとらえられなかったです。(多分3x3の9パネルくらい必要?)

ナローバンドを中心に、RGBも星の色として混ぜるために結局RGB HaO3の5枚のフィルターをつかって4つのパネル領域を粛々と撮影しました。

RGBで撮影するとまさに淡く広がる雲のように映るのですが、ナローバンドを使って散らばる星雲を強調しました。

 

今回は(今回も?)綿密な計画を立てずに撮影したためとんでもないミスをやらかしてしまいました。4領域について、RGBとHaO3をそれぞれ撮影して、合成してみたらこんな事態に・・

 

【モザイク失敗・・・】

Lmc_hydrogen_alpha_session_1_annotated

なんと! 右下の1枚がずれて真ん中に大きな空洞ができちゃいました。(天の南極付近だったこともあって位置がずれてしまったのか?)

上側の2枚はちゃんと重なっていて、上下のペアも何とか重なっているのですが。。

チリの撮影ソフトは、普段の撮影で使っているN.I.N.Aではなくプラネタリウムソフトを使って導入し、APTで撮影していることもあって失敗してしまいました。仕方がないので、下側だけもう一度取り直して合成しました。

今回は4パネルモザイクでしたが、つなぎあわせの部分の輝度が極端に落ち込んだりと結構補正が大変でした。

(モザイク合成の処理手順は次の投稿で整理をしてみたいです。)


-----

撮影データ

Title:大マゼラン星雲
Optics:Pentax125SDP (f=800mm/F=6.4)
Camera:FLI ML29050 -20d
Mount:PlaneWave L350
AutoGuide:loadStarX2 Off-axis guide system
Software:ATP,PHD2
Exposure:R 180sec x 101 ,G 180sec x 86 , B 180sec x 79<Bin1>
     Ha 600sec x77 , O3 600sec x 87 , <Bin2>
Total Exposure:2438min
Date: 2023/11/3,10,11,17,21,25 / 12/7,8,159@チリリモート天文台(共同利用)

 

 

こちらは200mmレンズとデジカメで撮影した大マゼラン星雲全体像

【大マゼラン星雲 全域】

Lmc_eos-s_20240512234401

200mmなので全体が1ショットで入って、楽ちんです(笑)

----

撮影データ
Title:大マゼラン星雲
Optics:Canon EF200mmF2L IS (f=200mm/F=4.5)
Camera:Canan Ra
Mount:PlaneWave L350
AutoGuide:loadStarX2 Off-axis guide system
Software:ATP,PHD2
Exposure:240sec x 48
Total Exposure:192min
Date: 2024/2/11,17@チリリモート天文台(共同利用)

 

 

【星ナビ 2024年6月号に掲載いただきました】

20246

長い時間をかけて撮影したことをみてくださったのか? 星ナビさんに掲載をしていたできました。星ナビさんは北側を上にされてますね。(私の画像は南が上です)

「色はもう少しすっきりさせた方がよかったかも」・・とコメントをいただきました。

うーんたしかに見直すとボヤっとしている感じですね。雲の中に散らばる散光星雲(HOO合成)ということもあって、埋もれてしまったのかも・・

雲をつかむような対象なので処理がむつかしいですね(笑)

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2024年4月29日 (月)

小マゼラン星雲

決して天体写真を撮っていなかったわけではないのですが・・Blogは半年の放置でした。。

今冬~春の時期はいつもの銀河を撮影していましたが、あまり新しい対象として撮影したものも少なく、天候もすぐれなかった印象です。

一方でチリリモート初めての春~夏の季節は、夜は短いものの晴天に恵まれていて共同利用でも1か月あたり4~5夜は撮影ができました。

 

【小マゼラン星雲 ナローバンド】

Small-magellanic-cloud3 

 

この時期先に上ってくるのが小マゼラン星雲です。昨年9月にアップしたのはデジカメでの撮影でしたが、こちらはモノクロCCDを使って
撮影したものです。

Ha、O3、S2フィルターを使用したのですが、S2の画像はほぼ使用しなかったのでHOO合成っぽくなっていますね。
星はRGBを使用しています。

デジカメだと本当に雲のように写るのですが、ナローバンドだと散開星雲が複数連なっている様子がよくわかります。
(ちょっと明るい部分が飽和気味ですね)

-------
Title:小マゼラン星雲
Optics:Pentax125SDP (f=800mm/F=6.4)
Camera:FLI ML29050 -20d
Mount:PlaneWave L350
AutoGuide:loadStarX2 Off-axis guide system
Software:ATP,PHD2
Exposure:R 240sec x 12 G 240sec x 12 B 240sec x 12 Bin1
Ha 600sec x 23 , O3 600sec x 17 , S2 600sec x 19 Bin2
Total Exposure:754min
Date: 2023/8/25,9/19@チリリモート天文台(個人グループの共同利用)

 

| | | コメント (0)

2023年11月19日 (日)

エビ星雲(IC 4628)

さそり座は日本からだと、南中高度も低くてじっくり撮影することがむつかしいですが、

南米チリだと南中高度も高く条件よく撮影ができます。

今回は、さそり座の南にある散光星雲IC4628・エビ星雲を狙いました。

 

【IC4628 エビ星雲】

Ic4628

 

出目金星雲や彼岸花星雲はこれまでも撮影したことはありましたが、さらに南にあるエビ星雲は今回初めて撮影しました。

今回は8月にHaとO3ナローバンドと星の色はRGBを合成しました。(HOO合成)

RGBが3分x8枚と少なめだったためか、星の色がやや不自然ですね。。。

Nextシーズン 追加撮影して仕上げたいですね~。

 

---
Title:IC4628 エビ星雲
Optics:Pentax125SDP (f=800mm/F=6.4)
Camera:FLI ML29050 -20d
Mount:PlaneWave L350
AutoGuide:loadStarX2 Off-axis guide system
Software:Maxim DL
Exposure:RGB 180sec x 8
Ha 600sec x 14 O3 600sec x 13
Total Exposure:342min
Date: 2023/8/10@チリリモート天文台(共同利用)

 

 

| | | コメント (0)

2023年11月 8日 (水)

バブル星雲~クワガタ星雲(Narrow)

前回アップロードしたハート星雲に続いて、バブル星雲~クワガタ星雲を狙いました。

 

このあたりも明るい星雲が多くて、Narrowbandでもよく写ってくれます。

デジカメ時代でもよく撮影をした対象ですが、SAO合成だと別物に変身しますね。

【バブル星雲~クワガタ星雲】

Kuwagatablog

 

輝度の低いところを頑張って持ち上げたりしていると、あっという間に明るい部分が飽和してしまうのでむつかしい領域ですね。

もう一度最初から処理をやり直したほうがよさそうですが・・・

構図は相変わらずの失敗で、もう少し上の散光星雲を入れるべきでした。(汗)

---

Title:バブル星雲~クワガタ星雲

Optics:Takahashi FSQ-85ED x QE0.73(f=328mm/F=3.8)
Camera:ASI294 Pro 1x1 bin /Gain200/ -10d
Mount:Vixen AXJ
AutoGuide:miniBorg45ED・ASIAIR Pro
Filter:Astrodon i/narrow
Exposure:R 210secx8 / G 210secx8 / B 210secx8  bin2
Ha 420sec x17 / O3 420sec x 18 / S2 420sec x 18 bin2
Total Exposure: 495min
Date:2023/8/25 ,9/19 @UDA

 

| | | コメント (0)

2023年11月 5日 (日)

ハート星雲(Narrow)

今年の夏場に、ZWO 2600MCを使って撮影していたのですが、湿度が高い夜に結露することが増えてしまったので、
UDAのリモート天文台では7月~10月は、FSQ85-EDとZWO 294MMの構成で撮影をしてました。

せっかくなのでがっつりNarrowBandを・・とのことで、ハート星雲を狙いました。

 

【ハート星雲 IC1805】

2023-heart-ic1805

画角的にはちょうど(?)、ハートの先の角が切れるくらいの感じで入ります。

(回転装置がついていないので構図の縦横変換ができない)

SHO(SAO)合成をすると真ん中がブルーなハートにカラーシフトできますね。

ちなみに星の色はRGBのカラー合成をしたものを使っています。

合計で6時間越えの撮影でした。

---
撮影データ

Title:ハート星雲
Optics:Takahashi FSQ-85ED x QE0.73(f=328mm/F=3.8)
Camera:ASI294 Pro 1x1 bin /Gain200/ -10d
Mount:Vixen AXJ
AutoGuide:miniBorg45ED・ASIAIR Pro
Filter:Astrodon i/narrow
Exposure:R 240secx8 / G 240secx8 / B 240secx8 < bin1x1>
Ha 420sec x15 / O3 420sec x 22 / S2 420sec x 20 <bin2x2>
Total Exposure: 495min
Date:2023/8/5 ,9/13 ,9/16 @UDA

----

ナローバンドで星雲を撮影して、星はRGBのカラーを使う・・という方法は結構使われていると思います。

皆さんはどんな風に星の色を合成されているのかなぁ・

私もいろいろな方法を試していましたが、いまはPixinsightで合成をしています。

ざっくりの流れとしては・・

① RGBをChannel Combination で合成

② SHO(SAO)をChannel Combinationで合成

③ ①、②をそれぞれStarnet+2で星雲と星に分離(StarMaskを作る設定)

④ RGBのStarMaskとSHOの星雲のファイルをPixelMathで加算

という感じです。

この大きな流れをLinerステージでやるのか、NonLinerにしてからやるのかとか

NarrowBandとRGBだと輝度に違いがありそうなのでレベル調整をどうするか・・とかいろいろと考えることはありますね。

(試行錯誤中です)

NarrowBandはカラーシフトのやり方と星の合成のやり方は、あまりこれっていうパターンは作れてなくて対象ごとに調整しながらやっています。

| | | コメント (0)

2023年9月20日 (水)

Cygnus Wall(はくちょう座 北アメリカ星雲)

5月に撮影した対象ですが、はくちょう座の北アメリカ星雲にある壁の部分を撮影しました。

 

【Cygnus wall】

Cygnuswall

カラーCMOSカメラにDualbandフィルターをつけての撮影でしたので、明るい部分は白く

壁の部分は赤くなるのですが輝度の低めのところの色合いがむつかしいですね。

RGBだと飽和しがちな壁の部分を注意しながら処理しました。(それでも飽和気味)

もっとゴリゴリに構造を出してた方がよかったのかなぁと思いつつ、私の画像処理スタイルだとこんな感じになります。

 

簡潔なBlogで連日投稿を目指しました。。

-----
Title:Cygnus wall
Optics:Vixen R200SS RED xコレクターPH  <F= 3.8 , f=760mm>
Camera:ASI2600 MC Pro 1x1 bin /Gain100/ -10d
Mount:Vixen AXJ
AutoGuide:miniBorg45・QHY5Lii
Software:NINA,ASTAP,PHD2
Exposure:420sec x 64 <bin1>
OPTOLONG L-Extreme 2"
Total Exposure:448min
Date: 2023/5/10,11 @UDAリモート天文台

| | | コメント (0)

2023年9月19日 (火)

半年ぶりの投稿です

みなさま

 

大変ご無沙汰をしておりました。気づけは5/20以降ブログの更新が全くできておりませんでした。

天体写真を撮っていなかったわけではないのですが、いろいろ溜まるとどこから書き始めたらいいかわからなくなりそのまま放置。

 

ということでここ半年のアップデートとしては・・・

 

1.ほぼ現地撮影には行けず、もっぱらUDAのリモート撮影中心

2.UDAリモートでご一緒しているYさんのお誘いもあって、チリリモートに6名共同で参加

3.kさんのお誘いもあって夏ころから月例のZoomお話会に参加

 

と記事にできそうなネタがないわけではなく、更新が滞っていただけです。

所属しているがま口壊れ隊の方々とは時々のリモートLine会議に参加をしてお話をしておりました。

 

私の中では一番のニュースはやはりチリリモートでObstech社のTelescope Hostingに参加させてもらったことでしょうか。

準備とか手配は恐れながら参加されているほかの有識者の皆様におんぶにだっこでおねがいして、いまは月に3~4夜撮影を始めたところです。【皆様本当にいろいろとお世話になりました。】

かなり晴天率の高いエリアと聞いておりましたが、この夏は曇ることも多くて少し残念でした。(エルニーニョ現象が原因?)

 

【チリリモートでのファーストライト NGC104】

Ngc104b

きょしちょう座47番星 NGC104球状星団です。

ケンタウルス座のω星団みたいに、星の番号がついた大きな球状星団です。

小マゼラン星雲のすぐ近くにある星団としても有名ですね。

シーイングがよいタイミングで短時間で撮影したためか、とてもシャープに写ってくれました。

機材はチリリモートでご一緒しているMさんがお持ちだったPentax125SDPとFLI ML29050の組み合わせです。

私自身は扱ったことがない機材で、少し前の世代かな?と思っていたのですが・・失礼しました。どうしてどうして大変シャープです。

DarkもFlatもつかわず、Biasを引いただけでしたが十分画像処理することができました。

-----
Title:NGC104
Optics:Pentax125SDP (f=800mm/F=6.4)
Camera:FLI ML29050 -20d
Mount:PlaneWave L350
AutoGuide:loadStarX2 Off-axis guide system
Software:Maxim DL
Exposure:L 180sec x 16 RGB 180sec x 8
Total Exposure:120min
Date: 2023/6/17@チリリモート天文台(共同利用)

 

 

【小マゼラン星雲とNGC104】

Smc_ngc104

 

こちらは、同架したEOS 60DaとEF200mmF2L ISで撮影したものです。

NGC104をメイン機材で真ん中に入れるとこんな感じの構図で写りました。

 

ぼちぼち撮影をしていきますね~。

| | | コメント (0)

2023年5月20日 (土)

M61 (春の銀河祭りVol.4)

春の銀河祭りと書きながらも、投稿の間隔があいているせいかもう5月も後半となりました。

今週は真夏日の日もあって、すっかり梅雨&夏が迫ってきていますね。

 

3月、4月に撮影した銀河を処理していたのですが、晴れても黄砂の影響もあってかRGB合成をしてトーンカーブを調整しても

Bの色合いが出ない感じになってしまいます。PixinsightのSPCCをつかっても濁った色合いなので処理が進みません。

 

【M61銀河】

202304-m61

撮影時間は合計7時間 Bも2時間近く撮影しています。

まだ何とか色が出てくれてますが、RGB合成をしたときは色も薄くてPixinsightで彩度アップに苦慮していました(汗)

おとめ座の銀河密集地帯から南に外れたところにあるので、いくつかの銀河を一網打尽で撮影したら写っていた・・ということはありません。

気合を入れないと(?)撮影することが少ない対象ですね。

 

視直径は6.9' x 6.5' とやや小ぶりです。Vo.2とVol.3でアップしたM63、M64と比較すると半分くらいの面積(見た目)ですね。

【視直径比較】

 天体  視直径  実施等級
 M61  6.9’ x 6.5'  9.5等級
 M63  11.8’x 7.2'  8.5等級
 M64  10.5’x 5.3'    8.4等級

 

明るく大きな渦巻腕があって、観望をすると腕の構造がよく見えそうです。

スターバースト銀河として有名で、爆発的な星形成活動が起きているところが輝いているのでしょうか。

マルカリアンチェーンを構成しているぼんやりした地味な銀河(汗)と違って、力強さを感じますね。

そう思うと特徴的な銀河として少し愛着を持てました。

ただ写真だと銀河の淡い部分と輝度差があって、腕がどうしても飽和してしまう難易度の高い対象です。

ちょうど北東と北西に2つの銀河(NGC4292、NGC4303)があってクローズアップすると賑やかな領域ですね。


撮影データ
------

Title:M61
Optics:Vixen R200SS RED x Extender PH (f=1,120mm, F=5.6)
Camera:ASI294 Pro 1x1 bin /Gain120/ -10d
Mount:Vixen AXJ
AutoGuide:miniBorg45・QHY5Lii
Software:NINA,ASTAP,PHD2
Exposure:L 360secx27 <Bin2>
R 360sec x17, G x17, B x19 <Bin2>
Total Exposure:427min
Date: 2023/3/13,14,18,27 4.8 @UDAリモート天文台

| | | コメント (0)

2023年5月 7日 (日)

M64 (春の銀河祭りVol.3)

あっという間にゴールデンウイークが終わりに近づき、忘れたころのブログ更新です。

今年も結構たくさんの銀河を撮影しましたが、こちらも定番の黒目銀河です。

 

【M64 黒目銀河】

M64-2023-march

 

明るい対象のため、中心部がどうしても飽和しがちです。注意しながらPixinsightで諧調を調整しました。

銀河の周辺部も結構濃淡がありますね。BlurXterminatorを使うことで構造が、かなりくっきり見えてきました。

これまでは手動でDynamic PSFで作成した星のサンプルを使って、Deconvolutionを何度も試行錯誤しながらかけていました。

このAIは、少ないパラメータ設定で、キレキレの画像をたたき出してくれるので重宝しています。

AI民主化? AIドリブン経営ならぬ、AIドリブン画像処理ですね(笑)

 

-----------
Title:M64
Optics:Vixen R200SS RED x Extender PH (f=1,120mm, F=5.6)
Camera:ASI294 Pro 1x1 bin /Gain120/ -10d
Mount:Vixen AXJ
AutoGuide:miniBorg45・QHY5Lii
Software:NINA,ASTAP,PHD2
Exposure:L 360secx26<Bin2>
R 360sec x10, G x10, B x10 <Bin2>
Total Exposure:336min
Date:2023/3/1,13,14,17 @UDAリモート天文台

【星ナビ6月号に掲載】

こちらの画像は、星ナビさん 2023年6月号に掲載いただきました。

4つの銀河が並んだページで、他の素晴らしい銀河と一緒に掲載いただき光栄でした。Img_8895

 

| | | コメント (6)

2023年4月 9日 (日)

M63 (春の銀河祭りVol.2)

春の銀河祭り第2弾はM63 ひまわり銀河です。

この対象もこれまで何度か撮影してきました。Edge800 HDでの撮影が多かったので、R200SSで撮影したのは今年が初めてです。

SAc型の渦巻銀河で、花びらのような構造が美しいです。

 

【M63 ひまわり銀河】

M63-b 

気づけばL画像をかなりの枚数撮影してました(汗)

露光時間をかけるほどBlurXtermeterの効果を引き出せるように思います。

RGBも時間をかけて、PixinsightのSPCCを使い、銀河のカラーバランスを整えてから彩度をアップしています。

----

Title:M63
Optics:Vixen R200SS RED x Extender PH (f=1,120mm, F=5.6)
Camera:ASI294 Pro 1x1 bin /Gain120/ -10d
Mount:Vixen AXJ
AutoGuide:miniBorg45・QHY5Lii
Software:NINA,ASTAP,PHD2
Exposure:L 360secx58<Bin1>
R 360sec x17, G x16, B x16 <Bin2>
Total Exposure:612min
Date:2023/2/1,6,16,25 @UDAリモート天文台

 

----

こちらの作品は、天文ガイドさん(2023年5月号)に掲載いただきました。

天文ガイドさんは久しぶりに入選できたのでうれしいです。ちなみに同じページには神野山がま口壊れ隊の天文中年さんのM81,82も掲載されていました。いつもながら流石の作品です。

他にも神野山がま口壊れ隊からは、すさみでリモート撮影をされているKさんのM51が、最優秀賞はNさんのM1が選出されていました。
皆様おめでとうございます!!

 

Tenga202305

 

評者の方からは、「銀河の周りには淡いタイダルストリームが広範囲に広がっているのが知られていて、機会があればリモート撮影を生かして挑戦してみてください」・・・とコメントをいただきました。

タイダルストリーム(?)ってあまり耳慣れない言葉だったので、ChatGPT先生に聞いてみました。

Tidalstreamgpt

なるほど。。Tidalとは、潮汐作用のことみたいですね。ということは、M51子持ち銀河やからす座のアンテナ銀河とか2つの銀河とかみたいに2つの銀河が接近することで起きるダスト(星の帯状構造)ということですね。勉強になりました。

ついでに、タイダルストリーム現象がある銀河をお勧めしてもらいました。銀河名がちょっとわかりにくいものが紛れてますが(笑)

--
ムーンドロップ銀河(NGC 5985)
アンテナ銀河(NGC 4038/NGC 4039)
アトランティス座銀河(NGC 7252)
バタフライ銀河(NGC 6302)
サザンピンホール銀河(NGC 5128)
ウィップル銀河(NGC 7331)
セイファート銀河(NGC 5907)
NGC 4013銀河
NGC 4651銀河
NGC 6744銀河
NGC 7714銀河
IC 2163/NGC 2207銀河対
NGC 4676銀河対(「はしご銀河」)
NGC 3628銀河
--
いろいろありそうですね。アンテナ銀河やステファンの5つ子とかはこれまでも撮影しましたが、マニアックな対象もいくつかあったので機会があったら撮影したいです。

 

そして、M63のタイダルストリームですが、今回撮影のL画像だけを強調したらこんな感じでした。

【M63 L画像 TidalStream】

M63-tidal-stream

M63の周りには今見える限り大きな銀河はなさそうです。過去に銀河が通ったのか?

確かに銀河の右側には「く」を左右反転させた筋や、銀河の下には引っ搔いたような暗黒帯としっぽのような筋があって不思議な形をした銀河だと思ってましたが、いろいろと奥深いですね。

 

なかなか難易度が高そうですね(汗) 30時間くらい撮影しないとだめかなぁ。

 

| | | コメント (2)

«NGC2903 (春の銀河祭りVol.1)